鈴鹿

奥の畑~雨乞岳

11月18日
甲津畑9:00-奥の畑分岐10:20-奥の畑11:00-12:10奥の畑峠(昼食)13:00-雨乞岳13:30-杉峠13:50-16:50甲津畑

Y君が休めると言うので、「山でも行こうか?」と話がまとまる。
とりあえず野洲駅で待ち合わせることにする。
帰ってからネットを覗くとPさんから鈴鹿のお誘いだ。
野洲駅7時半。ピッタリにY君が降りてくる。
「ネット仲間と一緒でもいいか?」と聞くとOKと言うので行き先が決まる。

Pさん夫妻とその友人、われわれ2人の計5人。甲津畑の岩谷林道入り口に駐車。フジキリ谷に沿って今が盛りの黄葉紅葉を見上げながら、いつもの道を歩く。
c0097754_2159342.jpg


c0097754_2202237.jpg
1時間ちょっとで奥の畑への分岐。右手の奥の畑谷沿いの道へ。
Y君が「ずっとこんな調子?」と聞く。平坦な道が続くので、登っている感じがしないようだ。
最後の急登をお楽しみに!
奥の畑の炭焼き窯跡でコーヒーブレイク。ここから右手の急斜面に取り付く。
笹につかまりながら稜線をめざす。振り返ると琵琶湖方面が一望だ。湖面はガスに覆われている。その向こうに比良の山々がくっきり!湖東の町もうっすらと見えている。
登りきると奥の畑峠。ひざくらいの高さの笹原だ。高曇りながら遠くまで見通しがきく。南方には大台ヶ原の山や伊勢湾も一望。
c0097754_2213756.jpg

c0097754_2215667.jpg


c0097754_223518.jpg
ここで昼食。温かいうどん、中華麺をベースに野菜たっぷりの鍋、酢の物、ホタルイカの佃煮、パイナップル酒とビール…
なんとも贅沢なお昼である。何とか食べきって一息入れ、雨乞をめざす。
振り返れば綿向山がすぐそこ。御在所や鎌ヶ岳も目の前だ。
c0097754_2234998.jpg


c0097754_22482.jpg

c0097754_2243583.jpg


c0097754_2255034.jpg
「初めて見た」と伊勢湾や四日市のコンビナートを見下ろしながらY君がしきりに感動している。
雨乞い山頂は素通り。杉峠に降り立ち、千草街道を下る。


c0097754_2262369.jpg


c0097754_2264639.jpg


c0097754_227933.jpg
目標の5時に10分前の帰還。Y君を近江八幡駅まで送り帰宅。
[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/5013898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2006-11-18 21:08 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31