比良・野坂

比良・サカ谷で沢の赤ちゃん誕生を見た(7月29日)


7月29日
坂下登山口9:45-入渓9:50-10:50二段大滝-11:50右俣出合(左俣へ)-12:20水源-12:50稜線-13:05小女郎池13:30-右俣下降-15:30左俣出合-16:50登山口

 梅雨明け直前、近畿北部は雨、南部は晴れという予報。どこなら大丈夫か迷うところだ。一応用意だけして寝る。ちょっといざこざもありモチベーションは高くない。朝になって考えようか?といったところ。

 7時過ぎに起きる。外を見ると晴れている。でも雲も多い。北はダメ、しかし南部(奈良方面)は遠くてこれからでは…。思案(というより決断できない躊躇)の結果、中間地点の比良、それも南部の蓬莱山の沢にする。

 出発は8時を回っている。コンビニで買い物し、途中越えから坂下トンネルの入り口で旧道に入り、バス停のところから安曇川に掛かる橋の手前の空き地に駐車。橋を渡ったところから左手に坂下登山路に。左岸から右岸に渡ったところで登山路と分かれる。倒木で遮断され谷筋は歩けそうにないので右岸の巻き道を少し歩き、堰堤を越えたところから入渓した。
c0097754_004056.jpg

水量はたっぷり、勢いよく流れる。冷たい水が気持ちいい。ところがまた堰堤だ。左から巻く。もうひとつ最後の堰堤は右から巻く。大きな滝はなく1、2mの小滝やゴーロ状の斜漠がずーと続く。
c0097754_012864.jpg
c0097754_014935.jpg
突然目の前に現れた大滝は2段あわせて10数mはありそう。辺りは水煙が漂う。上の滝の下までが限界。そこからは巻けないので下の滝の少し下まで引き返し、左岸をやや大きく巻く。つかまる樹木もあり危険は感じない。滝上部の落ち口近くに降り立つ。勢いよく白い水が落ちる下を見下ろしてみる。
c0097754_023450.jpg

やがて右手からの沢との合流点に。そのときはこれが右俣とはわからなかった。最後の写真の右にあるたように最後は3mくらいの滝になって合流している。水量の多い左股を行く。
c0097754_032171.jpg

入渓して2時間以上、左股の水量は多いままだ。この調子だといつになったら稜線へ出られるのか不安になってくる。ごろごろ転がった石の上を水が流れるだけの単調な状態が続く。
 そしていきなり水量が減りだし、目の前に沢の出発点が(写真)。この直径5センチほどの穴から水が噴出している。生まれたての沢の赤ちゃん?こんな場所は初めて見た。これより上部は伏流トンネルになっているのだろう。
c0097754_042041.jpg
c0097754_044065.jpg
12:24 いきなり水量が減り、最後は斜面から水が吹き出ている
c0097754_05896.jpg

 急登を20分ほどよじ登り稜線へ。小女郎池はいっぱいの水をたたえている。遭難記念碑の横の石に腰掛けて遅くなった昼食。今日は単独の沢なのでビールはなしだ。 (泣) 
c0097754_054544.jpg

1時半を回ったので蓬莱山は寄らず下山に。サカ谷道を下るつもりだったが、どうしても右股の様子が知りたくなり、池南端鞍部から笹薮に分け入る。溝状の谷源頭部を発見、そのまま下る。わずかだが踏み跡もある。いつの間にか小さな流れも出来てくる。だんだんと水量が増してくるが倒木とヤブが覆いかぶさり歩きにくい。
それでも30分も下ると沢らしくなってくる。時々左右を巻きながらどんどん下る。
下り始めて2時間近く、ようやく合流点に出た。「ああ、やっぱりここか」と納得。登りのときは確信がなかったからだ。最後は3メートルくらいの段差になっていて降りられない。右手をへつって左股側へ降り立つ。
c0097754_075580.jpg

合流点からは登りに歩いたばかりのルート。ところが記憶があいまいで、時々考え込んでしまう。大滝と堰堤の巻き方だけ注意が必要だ。
 この谷は中盤がとてもいい。上部は単調、最下部は倒木などで歩けない。最後の堰堤を越えたあたりから入渓するのが一番かな?右と左では、やはり水量の多い左股がお勧めです。
なお、危険なところはなし。ロープは持参したが不要でした。
 
 もうひとつ情報。ヒルにやられました!。特に下りの右股に多かった。巻くときに取り付くみたいです。時々チェックしなきゃ。両足ひざをしっかり食いつかれ、いまだに痛かゆいです。(泣)
 車に帰ってぬれた衣服を着替えようとしてビックリ。なんとパンツが真っ赤!そっと確認すると大腿付根に吸血口跡が!!犯人は行方不明。あわてて全身調査したが不明のままだ。体内にもぐりこんだ?え~~!そんなことあるか。(怒)
ヒラなのにヒルがイル?
[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/4780585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2006-07-29 00:00 | 比良・野坂 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31