鈴鹿

雨乞岳(10月16日)

10月16日

 N君と鈴鹿へ。未明まで雨模様だったのでヒルが心配だが、予定通りのコースにする。N君が間違って湖西線に乗ってしまい、1時間のロス。野洲8時40分発で永源寺岩谷林道の登り口出発は10時過ぎになった。
 雨に濡れた林道はガマガエルや巨大ミミズ、ヘビの子どもと、湿った生物が次々。立ち止まって観察?していると、「これなに?」とN君。足首にしっかり取り付かれている。それでも2,3匹で、さすがにこの季節、彼らも元気がない。
ひたすら歩いて杉峠に12時過ぎ。そのまま雨乞を目指し、山頂に1時前。ガスの切れ目に御在所、鎌ケ岳が山容を現す。
風が冷たく、食事はあきらめ清水の頭へ下る。
奥の畑峠から下るつもりだったが、分岐が見つからない。清水の頭から大峠への尾根を下ることにする。途中、風のないところで昼食休憩。もうかなり遅い。遅れついでで、ゆっくりとうどん、コーヒーを味わう。
 3時半を回っている。急坂を下り大峠に4時半。キウイのような味のサルナシの実をつまむ。荒れたツルベ谷を渡渉しながら下る。ラストの渡渉でN君が水没!
 フジキリ谷分岐でヘッデンをつける。暗闇の中、ひたすら歩き岩谷林道終点に6時半。
[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/4779608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2005-10-16 00:00 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31