芦生・京都北山

芦生・大蓬谷(9月17日)


芦生の沢へ単独で挑戦。
ネットの記録を参考に、トロッコ道から入る沢を選ぶ。
どうすっかなア?と躊躇しながらの優柔不断の結果、須後の駐車場に着いたのは10時前。入山届けに記入し、トロッコ道をたどる。ここからは初めてのルートだ。マタタビの実を拾ってるおじさん、若い女性2人を案内している男性、中高年夫妻(と思う?)などに出会う。
トロッコ道が赤崎谷の橋を渡り少し行くと小ヨモギ作業所。(といっても、誰も作業などしていないが…)
そこから由良川に降りて地下足袋、ワラジスタイルに。このワラジは使用2度目、まだ大丈夫みたいだ。少し前に釣の人がいる。遠慮して時間をかけて支度。
11時、由良川の流れの中をジャブジャブと進む。15分くらいで右岸に流れ込む小さな沢に出合う。これらしい。でも貧弱な流れ込みだ。標識などないから、地形から判断するしかない。
まったく自信ないが、間違ってもまあイイや、と溝のような谷へ入る。流木だらけで水際は歩きにくく、横のふみ跡をたどる。しかし、やがて流れがはっきりしてきて小さな滝!が現れる。するともう、連続して滝、滝、また滝!!!芦生独特の真っ黒の岩壁を冷たい水が流れ落ちる。水をかぶりながらホールドを確かめ直登したり、あきらめて巻いたり。でもほとんどがクリアできる。

最後は急斜面を這い登り901ピークの西南尾根の鞍部へ出る。登りついた時は「ここはどこ?」といった感じ。もう1時半を回っている。ここで遅い昼食。
地図と磁石、周りの地形で確認し、尾根を右へ行くと901と樹木に刻まれたピークへ到着。下りは北西に尾根を行き、南西に向きを変えて793ピークへ向かい、さらに下って小野子谷へ滑り降りる。この間、支尾根が多く、ルートを間違えやすい。
由良川との出合手前から人工水路にそって下り、舗装林道を歩いて須後へ。ちょうど5時、そろそろ日暮れ時だった。
単独の沢はちょっと緊張、エエイ!と開き直りの刺激的な初体験だった。(でも、このワラジ、もう使えないかも…)
[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/4779521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2005-09-17 00:00 | 芦生・京都北山 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31