比良・野坂

正面谷~八雲が原(12月30日)


12月30日
同行=中森、馬場、上辻
JR湖西線の小野駅で待ち合わせ。イン谷口へ向かう。
30センチほどの積雪。残雪だが凍っている。車は山荘のところまでが限界だ。
8時50分、アイゼンをつけて歩き始める。
トレースが残っているので歩きやすい。
青ガレで小休止。雪はすでに1メートルを超えている。踏み跡をはずすとズボッと踏み抜いてしまう。
出会った下りの男性は、昨日入りテント泊、今日は八雲の手前で引き返したという。
金糞峠に11時10分。手前で3人の若者がラーメンをすすっている。堂満へ行くという。
峠を越えて下ったところに、先の男性のテント場跡があり、そこで昼食にする。
用意した材料を鍋に放り込む。ミックス野菜、豚肉、マイタケ、讃岐うどん、切り餅、きざみネギ、味付けは味噌と酒粕。一度には無理なので次々に追加して平らげる。ビールも少しだけ。やはりこれがないと!
気がつくともう1時前。そろそろ前に進まないと帰れなくなる。撤収して、足元もワカンに履き替え歩き出す。
食事中にスノーシューの男性が先行してくれていたので、その跡をたどる。雪はさらに深くなる。
八雲へは2時前。食事場所から50分くらい。
ロッジ跡建物の軒先で少し休憩。この時刻から武奈はとても無理なので、下山にかかる。
ロープウエー山上駅跡から北比良峠、ダケ道を下る。右手に堂満の雄姿がちらほら。西日が差し込む。
斜面をショートカットしながら大山口に4時15分。イン谷口の車に4時半。
[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/4778583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2005-12-30 00:00 | 比良・野坂 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31