鈴鹿

鈴鹿/タイジョウ~イブネ


5月8日

GW最終日、予定していた鈴鹿のヤブ山へ出かける。

宿直明けだったが、6時過ぎに京都を出て、名神を使い8時の永源寺役場前集合に合わせる。15分前に到着、すでに同行のPANAさんは到着、少しして村田君もやってきた。
予定が替わった人もあり、同行は3人だけで、すぐに甲津畑の登山口へ向けて出発。岩谷林道分岐点に駐車し、ぶらぶらと林道歩き。久しぶりでおしゃべりしながら歩く。
c0097754_2339551.jpg

ツルベ谷分岐を過ぎ、橋を渡った奥の畑分岐の先の蓮如碑のところから左の谷を越え、斜面に取り付く。目印があるはずが発見できず稜線を目指し急斜面をよじ登る。かなりのハードワークを強いられるが、何とかタイジョウへの尾根に出たところで、後からに登ってきた男性に会う。われわれが3時間かけて登った斜面を1時間チョイで登ったきたみたい。だいぶん手前から取り付いたようだ。

そこからすぐタイジョウの山頂。男性は直進してカクレグラへ足を伸ばすという。われわれはイブネへの尾根にはいりやせ尾根を進む。いたるところにシャクナゲがピンクの花を開いている。野鳥も鳴きだし快適な雰囲気。アップダウンを繰り返し、1時間ほどで杉峠の頭からイブネへの分岐(とはいっても標識よりも手前からトラバース)を左にとる。
c0097754_23351312.jpg

 すぐに左右が開け、低い笹原を行くと佐目峠。さらに15分ほどで一面笹原のイブネに出る。紫のスミレ(タチツボスミレ?)の花がいっぱい。雨乞岳、御在所、鎌ヶ岳などが一望できる。剪定ハサミを担いだ男性(山ねずみさん?)に出会い、拾ったノコギリを返す。何に使うのか?と思いながら…
引き返して杉峠からフジキリ谷を下る。杉峠の杉は枯れかけていて、いつまで持つのか心配だ?
下り道ではPANAさんがヤマシャクヤクの花を見つけ、次々に見つけるたびに写真タイム。
c0097754_23362667.jpg
c0097754_23365932.jpg

このため車に到着は5時を回ってしまった。ところがさらにハプニング!車のキーがない!永源寺役場前まで送ってもらい、タロさんにスペアキーを持ってきてもらうことになる。役場前の花壇の縁に座って約1時間、アマガエルの片思いの合唱を聞きながら、待つ。
キーはトランクの中に置いてあった。……(泣)
[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/4778378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2005-05-08 00:00 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31