人気ブログランキング |

大峰・台高

【台高】GWPart2は雪とサヨナラ、初夏の北部台高テント泊

【日付】2019年5月3日(金)~4日(土)
【山域】台高北部

【ルート】1日目=大又~薊岳~明神平~テント場(泊)
2日目=テント場~檜塚奥峰~テント場~国見山~伊勢辻~大又
【天候】両日とも晴れ
【メンバー】カメ、キミ、さかいの父子、ヨッシー、びわ爺


c0097754_13565392.jpg
c0097754_14394143.jpg
GWpart2は台高。前半の石徹白残雪ツアーの疲れが取れないままなのに大丈夫?
不安を抑え込んだまま、3日早朝出発である。グーさん、お庭に入るよ~(^_-)

予定は、大又から薊岳経由で明神平、闇鍋平辺りでテント泊。檜塚奥峰にも寄ってこよう。
2日目は国見岳を越えて伊勢辻から大又へ下る。

だいたい予定通りには進んだが、なんしかテント装備が重い。
と言うほど大量の食糧や飲料を担ぎあげたわけじゃあない。その辺は身の程はわきまえているつもり。最低限の食料、飲料に制限し、防寒防水装備も厳選した。
それでも、重い! どんだけあるんやろ? 家を出るとき測ったら10kgチョイしかない。これに水とか足しても12、13kg程やろ。
要するに、もうテント泊装備を担げる体やないってことだろう。

まあ、そんなことを時系列を無視して頭の中をよぎらせながら大又へ。笹野神社への橋を渡ったところの空き地に駐車。
ここ、2年前に下山して来た時、駐車料金徴収の男性が待ってたところ。さて、今回も待ってるかなあ?

c0097754_13551258.jpg
c0097754_13580042.jpg
3日(金)9:10
スタートは9時過ぎ。始めは林道歩き。スギ、ヒノキの植林帯をひたすら登る。
やがて登山路になるが荷が重くてはかどらない。
地図には「古池辻」とあるが、どこなのか…?

11:45 
2時間半もかかって大鏡池。
2年前には池の周りを埋めていたササがない! 水もほとんど涸れてしまい、様相が一変している。
予定は崩れるが、武士ではないので食わないとたたかえない。池の上、迫力あるシンボルツリーの横でランチにする。

c0097754_13584131.jpg
c0097754_13592231.jpg
12:20
ここからは傾斜がやや緩むので足取りも軽くなる。
木屋谷ノ頭からは岩っぽい尾根をヨジヨジ。シャクナゲが多いけれど蕾は少ない。今年はハズレ年?
c0097754_14005154.jpg
c0097754_14014991.jpg
13:45
崩壊地点もあったりして慎重に通過し、薊岳山頂へ。
眺望はなかなかいい山頂だ。南側はやや霞んでいるが台高、大峰の山々が目に入る。
2年前はここから木ノ実矢塚へ回って地蔵辻まで行ったんだなあ…。
c0097754_14031325.jpg
c0097754_14023791.jpg
15:25
前山からテントが花咲く明神平を見下ろしながら、稜線沿いに明神岳へ向かう。
山頂手前をトラバースしてプライベートなテント場へ4時前。
c0097754_14050361.jpg
c0097754_14060055.jpg
15:45
闇鍋平までは下らず1段目のテラスで設営。
ここからだと水場が遠いなあ…。曖昧な記憶に頼って谷筋を下るとチョロチョロと水音。あったあった!

夕食後、大峰方面に光彩を放ちながら夕日が沈む。コーヒーを飲みながら夕まずめの静かなひと時を楽しむ。
水場が遠いので焚き火は自粛したが、テント泊でしか味わえないこの至福のひと時がなんとも貴重。

c0097754_14080514.jpg
4日(土)4:45
辺りが白んできた。檜塚奥峰へ行ってこよう。日の出には間に合わないかも?
c0097754_14121656.jpg
奥峰の陰から陽光が。
c0097754_14125029.jpg
夜明けの奥峰にたたずむYくん
c0097754_14132881.jpg
奥峰には思ったより時間がかかったが、檜塚をシルエットに登り始めた朝日が眩しい。
昨日よりも台高山脈の稜線がスッキリと見える。
地図を片手に同定してみる。日出ヶ岳はすぐ分る。手前に引いて池木屋山。その尾根を左に辿ると迷岳へ続く山々。
右手の遠くに大峰山脈がウネウネとつづく。「あれ、大普賢?」「その奥に霞むのが八経ヶ岳かなあ」

c0097754_14182812.jpg
ひとり檜塚まで行ったKさんを待って、テント場に戻るともう7時前。
朝食を済ませテントを撤収、8時過ぎに出発。
c0097754_14200819.jpg
c0097754_14205610.jpg
明神平は騒々しい。あしび山荘のリニューアル工事中なのだ。
大阪T高校の山岳部やスキー部メンバーがお手伝い。
そういえば昨日の明神平のテント群は彼らのものだったのか…。

作業の邪魔にならないよう素通りして水無山へ。急登がシンドイ。
c0097754_14221983.jpg
c0097754_14230920.jpg
朝、踏んできた桧塚奥峰がもうあんなに遠くに
c0097754_14234521.jpg
水無山、明神平方面を振りかえる

9:40
国見山で一休み。
c0097754_14245116.jpg
c0097754_14251849.jpg
10:00
コバイケイソウの中を馬駈辻方面へ▼
c0097754_14264719.jpg
赤ゾレ池手前のアセビの森は白と淡いピンクの花盛りだ。
c0097754_14274190.jpg
赤ゾレ池はハート形。やはりここにも悲恋伝説があるのかも?
c0097754_14281124.jpg
赤ゾレ山へ行く人、手を挙げて~! 誰も挙げない。ここもKさん一人でアルバイトだ。
c0097754_14294188.jpg
早いけど伊勢辻山でランチにして、正午までひと眠り。

c0097754_14311901.jpg
c0097754_14321353.jpg
12:05
伊勢辻からは未踏ルートなのだが、三度小屋辻の分岐からいきなりの下りで又迫谷へ落ちていく。
なんと、これが長い長い! 
c0097754_14332843.jpg

14:10
ほうほうのていで、なんとか和佐羅滝まで来て一息。
登山口へあと30分足らずだ。
c0097754_14351738.jpg

c0097754_14360710.jpg
そして…。

14:50 
駐車場所には、やはり待っていた集金人! 
しかし、有料表示のない空き地で料金を強要することはできない。
その論理を丁寧に説明し、トラブルを避ける手立てを伝え、円満に解決したのだった。
帰路の、村営「やはた温泉」は安く(500円)て気持ち良い檜風呂。針インター近くで早い夕食をいただき家路に就く。


トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/30263024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by biwaco06 at 2019-05-20 10:47
武くん、こんにちは~
なかなか山にご一緒できませんねえ…。そのうち、爺の足が勤続疲労で動かんようになりそうです(@_@;)
ヤドカリさんみたいにゾロゾロとスニーカー歩きができたらいいのですが、でんでん虫ではなかなか足も角も目ん玉も、出ませんわ(゜o゜)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2019-05-07 15:49 | 大峰・台高 | Trackback | Comments(1)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30