人気ブログランキング |

両白・北陸・飛騨

【両白/願教寺山】10連休幕開けは賞味期限切れ寸前の残雪ピークへ

【日付】2019年4月27日(土)、28日(日)
【山域】両白山地/銚子ヶ峰~願教寺山

【ルート】石徹白大杉駐車場-神鳩の宮避難小屋(泊)-銚子ヶ峰-願教寺山-南東尾根-笠羽橋-大杉駐車場
【天候】27日/曇り、一時小雪(突風)。28日/快晴後、薄曇り
【メンバー】山行き隊(カメ、キミ、サカイノ、トモ、びわ爺)


「さあ、10連休のスタート! 」と、たいそうに言うまでもなくサンデー毎日の身なんですが、やはり世間がアルプスだ、海外だと騒ぎ出すとウズウズ、ウキウキと山地図を開いて見たくなってくる。

27日(土) 

6:10 山仲間5人で向かったのは石徹白。
予報では土日とも晴れマークだったのに、ワイパーで小雨を拭いながらのスタートとは、先が不安になる。
しかし、関ヶ原を過ぎると一変、青空が顔を出してきた。雪が消え真っ黒の伊吹山を横目に渇いた路面を快調に走る。
ところが東海北陸道を降り、檜峠を越えると見えるはずの石徹白の山はベールの中だ。
上在所に9時過ぎ。電話で確認しておいた通り、中居神社からの林道入り口にはバリケード替わりの除雪車も無く通過OKだ。
小雪が舞う大杉登山口駐車場には1、2…、3台目はトイレ棟の手前に。GW初日なのに、たった3台とは…? 
まあ、この天気ならこんなもんか。
今日の予定は神鳩避難小屋まで。晴れておれば丸山ピストンも…との思いも、これではしぼんでしまいそうだな。

c0097754_13275050.jpg


9:50、トイレと支度を済ませスタート。荷物が重いが2時間半の辛抱だ。
石徹白大杉で記念ショット。
樹齢1800年とも聞いたが、そんな昔から白山へ向かう修行者に親しまれ、今も健在の大杉には、敬虔な思いにさせられる。


P4270598.JPG



上に行くほど舞う雪は密度を増し、木々の枝には雪の花が咲く。

P4270612.jpg


キツイおたけり坂を登ると、足元は残雪でつながり、お昼過ぎに小屋に到着した。やれやれ。
雪混じりの突風が吹き抜け、周りは視界無し。小屋は予想通り先客ゼロの貸切みたい。
さっそくランチタイムに突入! 明日に備えての宴会の始まりだ。
ランチなのか、夕食なのか…気がつけばもう辺りが薄暗くなってきた。
外は明日の好天を約束するようにガスが晴れ、風も弱まっている。あとは寝るだけ。
あまりに冷え込むので、備え置きの銀マットと毛布をお借りする。ありがたきかな避難小屋!

28日(日) 
翌朝は快晴! 東隣の芦倉山や初河山がクッキリ。
今日は空身で銚子ヶ峰から願教寺山へ進み、ピストンで引き返す予定だったのに、「いっそなら周回したい」とのリクエストに「そりゃそうやね~♪」と付和雷同しちゃう。
で、フル装備を担いだままでの行動に変更。

P4280641.jpg



P4280654.jpg


スノーシューは車のトランクで「夏休みっ!」なので、足元はアイゼン。
残雪の上に数cmの新雪で化粧直しした山は朝日に輝いて眩しい。
母御石ピークへの斜面を登ると、北風がまともに吹き付ける。
c0097754_13352139.jpg

P4280686.jpg



銚子ヶ峰1810.4mは今回のコース中の最高峰。
右手には北アルプスや乗鞍、噴煙を上げる御岳山が並ぶ。
左には大長山~赤兎山、経ヶ岳、荒島岳と北陸の名峰が並ぶ。
この時期、南側の黒々とした山並に比べ、両白山地の銀嶺はひときわ輝きを増している。
南には日岸山~薙刀山~野伏ヶ岳~小白山と続く尾根が白い。
c0097754_13403863.jpg
 
c0097754_09501944.jpg
(帰ってから北アでの遭難事故を知ったが、昨夜の雪混じりの突風は半端ない強烈さだった。亡くなった方々のご冥福を祈る。)

ここから先の願教寺山・1690.9mに続く尾根は登山道も無く、無雪期は笹薮で埋まり進入不能。
残雪に笹が覆われているこの時期だけ人を受け入れてくれるシャイな山域なのだ。

山頂を少し下った鞍部から斜面をトラバースして願教寺山への尾根に出る。
ちょっときつい斜面にSさんはおっかなびっくり状態だ。
姿が消えた…と思ったら、ワープして下から回り込むみたい。
まあ、視界もいいし、自由にコース取りすればいいもんね。

P4280735.jpg


笠羽湿原一帯は広い雪原にオオシラビソの林が点在する、北欧の絵葉書を見ているような景観。
座り込んでゆっくりランチしたくなってくる。体力温存のため笠羽岳は迂回。

願教寺山への最後の登りの前に笹藪が立ちはだかる。いやな奴め。
ほんの10数mだが、疲れた体にはマジでキク! 
膝を痛めているSさん父子はここで断念。
c0097754_09441079.jpg

P4280766.jpg



ササヤブとナイフリッジ気味の雪稜をクリアした山頂は残雪の広場。
正面の三ノ峰ドームが大きすぎて白山や別山が隠れてしまうよ~(@_@。
c0097754_09423880.jpg
c0097754_09462345.jpg
c0097754_09594693.jpg

360度の眺望はいつまでも見ていたいのだが、噴水のように強風に吹き上げられた雪粒が顔に痛いわ。長居は無用。
早々に山頂をあとにして、Sさんたちが待つ笹の陰でランチにしましょう。

さてと。下りはどうしよう…と地図とGPSをニラメッコ。
8年前は稜線を薙刀山まで行って、北東に延びる尾根を下った。今回はそこまで行く時間がないので、南東に延びる標高点・1405から笠羽谷へ続く尾根を下ることに。
c0097754_10004753.jpg
標高がさがるにつれ起き上ったササや灌木に邪魔されてクタクタだけど、例のシンボルツリーまできたら二俣(co1140)はすぐだ。
雪融け水で増水した谷を渡渉し、右岸の、かつては道だった痕跡すら危うい廃林道を笠羽橋に出たのはもう5時前。
c0097754_10013613.jpg
▲標高点・1405の目印ツリー

P4280781.jpg

▲二俣が近いシンボルツリー

橋手前の渡渉は、ラストアトラクション。亀隊長はまさにカメ状態…いや、ウサギさんみたいに跳んで渡る。
こちらは「ドボンして痛い目に合うより濡れるほうがマシ!」と膝まで浸かって対岸へ。
c0097754_10032124.jpg
c0097754_10075921.jpg
本流の笠羽谷左岸の林道跡も雑木が茂り自然に還る寸前だ。
1時間ほど歩き、大杉駐車場のトイレ舎が視界に入るとホッと一息。おつかれさま~!
帰路、「しろとり美人の湯」でお風呂と食事をすませ帰路へ。11時帰宅。
c0097754_10370334.jpg

トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/30254350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 武くん at 2019-05-02 13:40 x
▼お元気そうで。突然、飛び出してくるんやから……。(笑)
Commented by biwaco06 at 2019-05-07 10:49
半年ごとのブログ更新です。次は年末かなあ…(@_@。
メーデーの日のH紙に登場してましたね! レイワ初顔見せでした(^_-)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2019-05-02 10:42 | 両白・北陸・飛騨 | Trackback | Comments(2)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30