北近畿・山陰

【丹後半島】「海の日」にはふるさとの山で汗を流すのも一趣ありかと

【日付】2018年7月15日(日)~16日(月・祝)
【山域】丹後半島一帯

【天候】晴れ、猛暑
【同行者】単独
【ルート】15日=徳良山224m~(泊)
16日=依遅ヶ尾山540.2m~太鼓山683.2m~高山702m~上世屋~日置

小学校の同窓会をやるので来られるか? という連絡がきた。おやまあ、懐かしい。
いつの間にか還暦を過ぎて10年。今年は(あまり望まないけれど)「古希」のお祝いの歳なんだ。
そうだ、幼なじみとの邂逅を楽しんだあと、故郷の山巡りでもしてこようか…。

「海の日」がくっついた3連休。「丹後へ行く」といえば、「海水浴か釣りですね♪」と誰でも思うだろう。
このクソ暑いさなかに、1000mにも満たない低山へ、わざわざ汗かきに行かんでも…(?_?)
確かにその通りなんだけど、もう地図を広げてオリエンテーリングのルート調べを始めている。

15日(日) 徳良山
同窓会が終わった16時前。酔いざましと明日のウォーミングアップを兼ねて裏山の「徳良(とくら)山」(224m)へ足を向ける。
三津集落からも登り道があるはずだが、地元の級友に聞くと隣村(砂方)から登山路が整備されているらしい。
子どもの頃に登った道にも未練が残るが、ここは安全第一でと忠告に従おう。

c0097754_11223760.jpg
村はずれのリサイクルセンターと墓地の近くに登山口の標示板がある。
足元のササがきれいに刈ってある。
c0097754_11225878.jpg
大きな金属製の檻を過ぎ、どんどん進むと柿の木畑。
あれ? 刈り込みはここまでだ。どこで間違えたのか思いつかない。
仕方なく注意しながら引き返すと、鉄檻のところで分岐らしい草の窪みを発見。
こちらが登山路やがな! 
c0097754_11231877.jpg
途中の休憩場所。道は真っすぐのびているが、登山路は右手へ。
c0097754_11235820.jpg
ススキの若葉で覆われた道型はやがてハッキリした山道になり、急な斜面を登りきると間人・砂方方面の海岸線が一望できる展望地へ出る。
あとは巡視路のによくあるプラ階段を登ると山頂へ。
c0097754_11255371.jpg
山頂には、三津、間人、徳光の3村が共同で祀る祠がある。
創立は「不詳」とあるが、1938年(昭和13)に新築、2008年改築なので、建物はまだ新しい。
祭神は「白山比女命」。ここも白山信仰の地なんだ。神社名は「徳楽神社」が正しいようだ。
山頂からは南西方面の海岸線も望める。
c0097754_11262204.jpg
祠前の番いの狛犬をゲット。球を銜えた右手の狛犬は赤ん坊を抱いている。
登ってきた道を引き返す。展望地のところから左へ下る分岐がある。行きたい気もするが、どこへ連れて行かれるやら…? 
おとなしく往路を辿り、登山口へ。登り45分、下り25分。

そのまま、海水浴帰りのファミリーで賑わう宇川の吉野の里温泉へ。
ゆっくり汗を流し、一休みしてから今夜の宿泊地探しへ。

16日(月・祝) 依遅ヶ尾山540.2m
前夜は宿泊地を探した結果、買い物、トイレと、なにかと便利なコンビニ車中泊に落ち着く。
夜明け前に起きて食料買い出し、洗面・トイレを済ませて登山口へ向かう。

c0097754_11283510.jpg
依遅ヶ尾山へは何年振りだろう。記憶通り矢畑集落跡からの舗装道路を登ると登山口の広場に出る。
「矢畑 依遅ヶ尾の郷」の看板が出迎え。R大学Mゼミの記名がある。平成21年だからそんなに年月は食っていない。
それでも前に来た時は、こんなのはなかったなあ。
c0097754_11293444.jpg
5:55 アジサイの花に見送られて廃林道の登山道へ。ここも伸びた草が覆いかぶさる。
左へカーブしたところに竪穴式住居のようなモニュメントが出現。入り口の板に「ありが棟」と書いてある。
c0097754_11304609.jpg
その先から登山道になり、やや急な斜面を登りきると「ここでいっぷく」のプレートが木にぶら下がっている。
左を向くと海岸線の眺望が開けている。
c0097754_11311825.jpg
さらに10分ほどで「あと500m」表示。気持ちのいい林間の道を辿ると山頂の祠に出る。6:50
c0097754_11313618.jpg
山頂には石仏が安置された岩窟と朱塗りの祠が立つが、蔓延る草に埋もれている。
案内板もないので由来や御神体については知るすべもない。
c0097754_11334231.jpg
c0097754_11340836.jpg
c0097754_11351297.jpg
辺りは平らな台地状。トラノオが白い花穂を垂らしている。
春霞ならぬ夏霞で遠望はきかない。眼下の半島海岸線の立岩や犬ヶ岬が霞んでいる。
ここも往路を引き返し、駐車地に戻るしかない。登山口に7:35

朝から汗でぐっしょり。「ありが棟」の横に、「おつかれsummer」でも建ててほしいなあ(^_-)

太鼓山 683.2m
次のターゲットは風力発電で知られる太鼓山。いまや京都府内唯一のスキー場?となったスイス村のエリア内にあり、リフトの山頂降り場の横に三角点がある。
問題はアクセス。依遅ヶ尾山登山口から最短ルートをと、府道を左へ進み鞍内集落へ。T字路を右へ進んで山越えすれば太鼓山へはいちばん近い。
ところが集落を過ぎるといきなり道幅が狭くなり、すれ違い不可どころか行き止まりではないかと心配になる。
路肩に注意しながら進み、小脇発電所の近くの分岐へ。ここを左へ進めばいいはずだ。
が、しかし、なんと「この先 完全通行止め」の看板!
ありゃー! あかんがな(@_@。
仕方なく引き返す。
鞍内の村で出会った女性に道路事情を聴く。やはり国道へ出て高嶋から丹後半島縦貫林道に入るしかなさそうだ。

c0097754_11383234.jpg

縦貫林道は2車線の立派な舗装道路。快調に碇高原牧場をめざす。
右手には早朝登った依遅ヶ尾山がクッキリ。
c0097754_11394103.jpg
碇牧場は観光客の姿も無く休業中の様子。連休なんだから当たり前か?
素通りしてスイス村方面へ。
太鼓山の風力発電機が異様な姿を曝している。

c0097754_11402793.jpg
9:10 
スイス村スキー場のレストハウスの横に車を止め、太鼓山三角点へ行ってみる。
人っ子ひとりいない。昨夕の宇川温泉は海水浴客で溢れていたのに…。やはり今日は「海の日」なんだ。
c0097754_11410928.jpg
ゲレンデの2本のリフトの右側リフト終点に三角点があるはずだが、とりあえず左側リフトの下を登り、右へ迂回して山頂へ向かう。
ススキが腰まで伸びるなか、なぜか足元の三角点柱は地面スレスレまで埋めてある。
登山者のいない山もさみしいものだが、夏のスキー場はいっそう味気ない。

高山 702m
9:40 
丹後半島の背骨を南北に延びる縦貫林道を南下し上世屋へ。
角突山629.1m、汐霧山647mへの登山口を探してみるが、見当たらない。
世屋高原家族村の交差点を直進。
木子との分岐も直進。
めざしているのは丹後半島最高点の「高山」702m。宮津市と京丹後市(旧大宮町五十河)の市境。
近くに府内No1と言われる「内山のブナ」がある。
「道路崩壊 通り抜けできません」の注意書きがあるが、入れるところまで入ってみよう。
左側にあるはずの登山口を探しながら進む。
結果、行き止まり! 
道が崩壊して無くなっている。どうやら、右への分岐を見落としたみたいだ。なぜか納得して引き返す。

c0097754_11444223.jpg
10:40
やっと見つけた分岐には「ブナ林自然観察道 約1.3km」のプレートがあった。
狭いダートの林道は荒れて草に覆われ、デコボコ、落石、倒木のひどい道だ。4駆モードに切り替えスローで進む。
c0097754_11452511.jpg
c0097754_11454855.jpg
10分余り走ると左手に数台の駐車スペースがあり、案内板とバイオトイレがある。

11:20
「自然観察道」と銘打つだけに整備された遊歩道。とはいえ、予報通りの灼熱天気だ。熱中症にでもなったらえらいこちゃ! 
時間はあるし、無理せずゆっくり参りましょう。
c0097754_11465574.jpg
いきなり・599への急登。木の階段を登りきると、緩やかに下る。
ブナ林が売り物だが、それほど密生しているわけではない。ミズナラ、コナラ、リョウブなどの間にポツポツとブナが混じる程度。
c0097754_11493258.jpg
c0097754_11510351.jpg
丹後マウンティンズの4番打者(^_-)

c0097754_11515768.jpg
高山山頂のプレート
c0097754_11522869.jpg
c0097754_11531440.jpg
駐車地から1時間足らずで山頂。眺望はイマイチ。ベンチに座ってランチにする。

「内山の大ブナ」を見に行く
12:40
30分ほど休んで、「内山のブナ」を見に行く。散策路に従って進むとすぐ市境稜線へ出る。

c0097754_11540579.jpg
左へ進むと案内板。右手に下った斜面に「内山の大ブナ」があった。
京丹後市教育委員会名の案内板には幹周3.65m、樹高23m、樹齢350年と記載。
c0097754_11565184.jpg
芦生かどこかで、もっと大きなブナを見た気もするが、根元近くから幹が分かれているのは雪との格闘のせいだろうか。
周りに同じような巨木が見当たらないだけに、谷筋の斜面でただ一人、ひっそりと今を迎えるブナにエールを送りたくなる。
とてもハグできる太さではないので、あいさつ代わりに幹にタッチだけして引き返す。
c0097754_11573879.jpg
稜線をさらに0.7km進めば「浅谷ブナ林」があるらしい。せっかくだから見てこようか…、と歩き出す。
ところが刈り込みはここまで。いきなり両側からササが覆いかぶさる。や~めた!即、中断。
駐車地に13:40

c0097754_11590064.jpg
林道をそのまま進めば味土野方面へ出られるはずだ。
相変わらずの悪路を進むが状、況はいっそうひどくなる。
草ヤブの中に車を無理やり突っ込む。
崩れた路肩をかろうじてクリア。
車を停めて落石を取り除く…。
そして、ついに土砂崩れで道が塞がれている。さすがにこれは通れない。
またもUターンを強いられる。来た悪路を慎重に引き返し、上世屋から日置へ下る。

府内最高峰の「高山」や府内最大の「内山の大ブナ」をPRするなら、もう少しアクセスの整備を考えたら?と思ってしまった。
大宮町五十河方面からなら比較的入りやすいのかもしれないが、あの林道は普通乗用車ではほとんど無理だろう。
16日は「海の日」なのに、「山の日」になってしまい、念願の丹後半島の名峰?めぐりができた。
味土野の金剛童子山、西部の磯砂山、高竜寺ヶ岳、最北の権現山などは今回は行けなかった。
機会があればいつかチャレンジしてみたい。


[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/29640950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2018-07-19 14:38 | 北近畿・山陰 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31