比良・野坂

【比良・堂満岳】子どもの日は比良のお山にお花見ハイク

c0097754_16275958.jpg
【日 付】2018年5月5日(土)
【山 域】比良/堂満岳

【天 候】晴れ
【同 行】山行き隊(かめ、きみ、え~さん、さかいの、京美、biwaco)
【ルート】イン谷口8:40~ノタノホリ9:15~11:05堂満岳11:20~11:50南比良峠(ランチ)12:30~荒川峠12:55~烏谷山13:25~葛川越13:40~14:10比良岳14:25~(尾根)~登山道合流14:35~co880m尾根分岐14:50~co630大岩谷合流15:15~荒川峠分岐16:05~16:20中谷出合下登山口(デポP)

c0097754_14562522.jpg
GWのラストは白山界隈でテント泊でも♪ と安易に考えていたのだけど、行き帰りの交通渋滞を思うと、一気にモチベーションがポシャってしまった。代替え案には近場の比良へお花見にでも…というわけで、やはり安易に、この日帰りハイクとなったのである。
c0097754_16293904.jpg
下山口に車1台をデポ。登山口のイン谷口へ移動し、え~さんと無事合流。
路線バスがやってきて、あたりは登山者でいっぱいだ。
そそくさと堂満岳へ向けて出発。

c0097754_16404347.jpg
ノタノホリ。思ったより時間がかかった。モリアオガエルの泡卵はまだみられない。

c0097754_16441478.jpg
樹木の中の登山路をひたすら登る。山頂が近くなるとシャクナゲが現れる。散った花も多く、やや遅めかなあ…

c0097754_16462257.jpg
白っぽい花も。琵琶湖の青に映える

c0097754_16470576.jpg
こちらはシロヤシオ。清楚感いっぱい

c0097754_16474611.jpg
堂満岳でいっぷく。登山者が多く、記念写真だけとって先へ進む。

c0097754_16492916.jpg
山頂近くはシャクナゲの宝庫

c0097754_16500581.jpg
金糞峠への尾根道を下ると東レ新道との分岐。左へヘアピンターンして南比良峠へ。
じつは、南比良峠へ山頂付近から直接下れないか確かめたかったのだが、ヤブがうるさそうで諦める。

c0097754_16510051.jpg
東レ新道(トラバース道)途中のシロヤシオ

c0097754_16533162.jpg
斜面に切られた縦走路を進む。

c0097754_16543242.jpg
南比良峠の手前、琵琶湖を見降ろせる眺望地でランチタイム

c0097754_16551028.jpg
c0097754_16563576.jpg
c0097754_16572736.jpg
アップダウンが続く尾根は、シロヤシオやミツバツツジが疲れを癒してくれる

c0097754_16575192.jpg
え~さんは50年前、ここまで登ってきて引き返したという。今日は半世紀もの宿題をやっと果たせるのだ!
大きなザックを置いて休憩中の男性は、途中でテント泊してリトル比良へ抜けるプランだという。
羨ましい限りだけど、私にその体力は残っていないなあ…(゜o゜)

c0097754_16583463.jpg
c0097754_16591936.jpg
c0097754_16593201.jpg
烏谷(カラト)山の山頂も人で埋まっている。ツアーの大集団と鉢合わせしてしまった。
ここも写真だけで先へ進む。

c0097754_17004836.jpg
目の前の蓬莱山方面を望む。

c0097754_17012999.jpg
その昔は荷車も通ったという葛川越え。今は谷筋など荒れ放題のようだ。

c0097754_17022227.jpg
登りきったところにある巨岩。赤スプレーで「大岩」と書いてある。

c0097754_17025998.jpg
案内標識から、踏み跡を右手に数分入ったところが比良岳。
V字に枝分かれしたブナの前で記念ショット

c0097754_17042768.jpg
比良岳の東尾根をそのまま下る。ヤブは薄く、10分ほどで右からの登山路に合流した。

c0097754_17053844.jpg
尾根上に歩きやすい道は続く。

c0097754_17063271.jpg
イワカガミのお出迎え

c0097754_11195601.jpg
尾根から大岩谷への分岐。尾根は長そうなので谷筋への左へ進む。

c0097754_17072066.jpg
九十九折れの最後は崩壊地! 花崗岩のザレ地を大岩谷へズリ下る

c0097754_17110961.jpg
崩壊した斜面

c0097754_17121347.jpg
ロープを頼りに斜面をトラバース

c0097754_17130328.jpg
無事下山。車をデポした中谷出合へ到着です。
このあと車を回収し、ヒラトピアで入浴。帰り道の「ラーメン藤」(この店、お薦めです)でお腹を満たし、帰路につく。


[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/29489070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2018-05-06 13:13 | 比良・野坂 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31