両白・北陸・飛騨

【笈ヶ岳】冬瓜平からのパノラマ岳で、もうマンプク~

c0097754_10312900.jpg
【日 付】2018年4月29日(日)
【山 域】両白/笈ヶ岳1841.3m

【天 候】晴れ
【同 行】かめ、きみ、biwaco
【ルート】途中谷出合(天泊地)6:00~保護センター6:15~ジライ谷渡渉点6:45~・1271mジライ谷ノ頭9:15~co1490JCT尾根10:30~co1520冬瓜平分岐10:40~11:15冬瓜平東端(撤退、ランチ)13:00~ジライ谷ノ頭14:35~渡渉点16:20~16:50保護センター
c0097754_10322728.jpg
中谷出合の天泊地。堰堤の水がミストになって降りかかる

c0097754_10344457.jpg
自然午後センターの裏手の観察路を登ります

c0097754_10345973.jpg
一つ目のトンネル。真っ暗です

c0097754_10372454.jpg
ジライ谷出合の渡渉点。雪渓のブリッジはなくなっているので石を飛んで渡る

c0097754_10380072.jpg
急登をロープや根っこを頼りに登ると、現れた大岩!左を進む

c0097754_10390815.jpg
支稜線に出るとタムシバの向こうに三方岩岳からの尾根が

c0097754_10394818.jpg
いつの間にか△1271ジライ谷の頭通過。小さなピークに杉とブナの巨木が数本

c0097754_10430454.jpg
繋がりだした雪の上は歩きやすい

c0097754_10435503.jpg
ブナオ山からの尾根のJCTに出ると笈ヶ岳が望める

c0097754_10515930.jpg
テントが2張り。稜線を進むと前方に冬瓜山へのヤブが出現

c0097754_10463856.jpg
左の斜面を冬瓜平へ下り気味にトラバース

c0097754_10455429.jpg
冬瓜平の東端。大笠山~笈ヶ岳の稜線が広がる。
もう下山してくる人がいる。
「ここからどのくらいかかりますか?」
「う~ん、3時間はみておいたほうが…」
時計は11時前。ってことは山頂に14時?
それって、闇下間違いなしってコト!
目の前のパノラマを見れば、2時間たらずで行けそうな気もするが、そんな希望的観測あてにはできない。

今日はここまで! 
こんな素晴らしいパノラマを目にランチできるだけで満足満足~(^^♪

c0097754_10494025.jpg
笈ヶ岳アップ。
カメさんはどこまで行ったかなあ…?
13時まで待って腰を上げる。まあ、どっかで合流できるでしょう

c0097754_10511726.jpg
冬瓜山の稜線へ出ると南側に白山の全容! いつも見ているのと正反対からの眺望で、山座同定に戸惑ってしまう。

c0097754_10575621.jpg
稜線のテント場。だいぶん数が増えている

c0097754_10583583.jpg
黄色い花。ヤマブキソウ?

c0097754_10591491.jpg
下山後は中宮温泉で疲れをいやす。日本秘湯を守る会会員の西山旅館。
割引券も手に入れ、リーズナブルな料金で良質なお湯に浸かれるのは嬉しい♪



[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/29487170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2018-04-30 11:47 | 両白・北陸・飛騨 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31