両白・北陸・飛騨

【石徹白・天狗山】大日岳周回は次回の宿題に

c0097754_13384324.jpg
【日付】2018年4月19日(木)
【山域】両白/天狗山

【天候】快晴
【同行者】単独
【ルート】上在所中居神社~朝日添谷右岸尾根~△1286.9m~天狗山△1658.5m~co1660p(撤退、ピストン)

c0097754_14584175.jpg
好天続きでしたがこの土日でなく、ちょっと前の平日山行でした。
なにかと慌ただしかった年度末。4月に入って初めての山は満を持して石徹白の山へ足を運びました。でも、大杉駐車場までは入れないので、どこにしようかな?と思案。この近所で未踏の山と言えば右手の大日岳~芦倉山のエリア。もちろんこれを一度にクリアできるはずもないので、その一部を齧ってみようとルート選択してみる。

まずは、上在所か中在所から蝉ヶ岳~水後山~鎌ヶ峰~大日岳。で、下りはどうしよう?
せっかくなら天狗山へ回り込んで、朝日添谷の右岸尾根でも下ろうか?
とは思うが、ネットを探してもそんなレポは見当たらない。植林が多いエリアのようで、残雪スキーヤ―も敬遠してるようだ。
しかし、植林が多いのは林道や作業道も多いってこと。稜線へ出れば雪も残ってるだろうし、とにかく行ってみようか…。

そんなわけで、とにかく上在所の中居神社へ。体力も金力もないけど時間だけはたっぷりの身分。前日の夕刻、おもむろに自宅を出て、高速道路のお世話にはならず、一般国道をひた走る。
R21号で岐阜市内に入るといつの間にか岐阜駅近くの中心部に入り込み夕刻の渋滞に巻き込まれる。なんとか切り抜け、ナビにおまかせで白鳥方面へ。
閉店寸前のスーパーに駆け込んで夕食の惣菜を仕入れる。
長滝の道の駅はトイレなどが改装され、隣に体験実習施設が建設中(6月オープン予定)。軒下にテントを貼り、仕入れた食材と飲み物で一人晩餐会を楽しむ。

けっこう冷え込んだが、なんとか睡眠もとれ、4時起床。
きれいな洋式トイレで朝の用を済ませ、少しバックしてコンビニで食材を追加。中居神社には5時半に到着。

c0097754_13404337.jpg
さすがに車の1台もない神社の駐車場。トイレの夜に遠慮がちに車を停め、おもむろに身支度に掛かる。
いつもなら坂を下って大進橋方面に向うのだが、今日は逆方向。立派な杉が林立する境内を潜りぬけ、朝日添林道へ。

c0097754_13410928.jpg
朝日添橋を渡り、林道を右へ。

c0097754_13485902.jpg
稜線めざして左手の伐採地を登る。
左手に小白山~野伏ヶ嶽~薙刀山の白い尾根が輝く。石徹白はまだ雪の世界なんだ(^^♪

c0097754_13503372.jpg
右へ目を移せば願教寺山も

c0097754_13511471.jpg
だ雪はつながらない。ヤブっぽい尾根を残雪を拾いながら進む。

c0097754_13523718.jpg
隣りの芦倉山。すぐそこのように見える。次は保谷から回り込んでみたい気にさせてくれる。

c0097754_13540780.jpg
1596jctピークの手前で眺望ランチにする。この調子なら大日岳まで行けるかな? でもその後どうするかなあ…(゜o゜)
目の前の尾根を眺めながら自問自答。まあ、行ってから考えましょう。

c0097754_13550228.jpg
石徹白からの尾根の先に別山。隣の南白山もクッキリ!

c0097754_13561140.jpg
願教寺山と日岸山の間には大長山も覗く。並んだ4つの雪形が決め手だ(^^♪

c0097754_13574753.jpg
石徹白川の右岸稜線ラインナップ

c0097754_13584716.jpg
天狗山13時過ぎ。大日岳への稜線は近そうで遠そうで…(゜o゜)

c0097754_14012862.jpg
天狗山から隣りの1660ピーク。あっちのほうが高いのに山頂はこっち

c0097754_17182010.jpg
大日岳はどうしよう…(゜o゜)
取りあえず、歩きだしてみようか。

c0097754_17194380.jpg
大日岳手前のピークまでやってきた。でも、時間が…(-_-)
周回ルートは未踏だし、無理は禁物だ。

c0097754_17211467.jpg
さあ、帰るぞ~

c0097754_14024258.jpg
帰り道で別山を背景に生存証明の自撮り1枚

c0097754_14031200.jpg
伐採地の上部にちょうど17時。あとは林道を下るだけだ。
やや時期が遅かったが、眺望抜群の尾根だった。次は大日岳周回か、芦倉山詣でか?
なんて、捕らぬなんとかの…で、来年も山歩きできるのか、そのほうが心配ではある。


トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/29485467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2018-04-20 14:03 | 両白・北陸・飛騨 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31