鈴鹿

【綿向山】山初めはちょっとバリルートから周回シューハイク

c0097754_10111739.jpg

【日 付】2018年1月7日(日)
【山 域】鈴鹿/綿向山

【天 候】晴れ
【同 行】カメ、きみさん、え~さん、さわっち、biwaco
【ルート】熊野神社7:55~水無山南峰10:05~文三ハゲ上11:35~綿向山直下南面(11:50~12:40ランチ)~co1080尾根分岐12:55~・962m13:10~・913m14:15~竜王山825.8m15:05~15:35林道出合

年始の3連休は日替わり天気予報。晴れるのは真ん中の日曜日だけということで、山初めはこの日と決定。
日野川下流域のわが町。やはり初詣も兼ねて源流の綿向山にお参りしましょう。

表参道入口のバイオトイレ駐車場で日野町在住のYくんと合流。
さあ、支度して…と早合点のメンバーもいるが、ここからは登りません。
3台で西明寺の林道を竜王山登山口へ。民家を外れると雪が残る凍結路を登る。下山予定の登山口近くの駐車広場にクルマをデポしておくのだ。

着いたが後続車が来ない。しばらくしてケータイがヒョロロ~~。「スタックしてのぼれへん~」のSOSだ(ーー;)
しかたないな…。荷物を担いで降りて行く。Yくん車がヘアピンカーブで立ち往生。RDの2駆ではスタッドレスでもムリらしい。
合流して2台に分乗。登り口の熊野神社へ向かう。

c0097754_10474330.jpg

いろいろあったが、8時前にスタート出来た。
神社の横から林道を進み、左の尾根に取りつく。

c0097754_10494154.jpg
c0097754_10512687.jpg
この尾根はヤブもなく歩きやすいのだが、植林帯を過ぎると一直線の急登が始まる。
喘ぎながら、それでも2時間ほどで水無山南峰へ。
c0097754_10523308.jpg
c0097754_10544236.jpg
c0097754_10533814.jpg
c0097754_10574884.jpg
目の前に立ちふさがる綿向山。右に連なる雨乞岳~鎌ヶ岳~仙ヶ岳など鈴鹿南部の峰々。「まるでアルプスですね!」素晴らしい眺めにYくんから歓声が上がる。
c0097754_10592213.jpg
でもここが終点じゃない。切れ落ちた文三ハゲの縁を辿って本命のピークが待っている。
北峰からコルへ下り、高度差200mの登り返し。
c0097754_11003371.jpg

あれ?クマだ!
右手の文三ハゲを見て、一瞬目を凝らす。クマと見間違えたのは単独の登山者だった。ハゲの急斜面をヨジヨジと蠢いている。
稜線から立ち止まって心配そうにのぞき込む同行者。なんだか声まで掛けてるがな。
「ほっといてくれ~、好きでやってるんやから!」
注目が鬱陶しいクマ氏の気持ちがよくわかる。
それにしても、こんな崩壊壁に単独で取りつく気力は羨ましい。少しヤブメンのT氏に似ていたので声をかけようかと思ったが、どうやら違ったようだ。

急斜面も見事な風景を眺めながら、いつの間にか山頂近くへ。ちょうどお昼前だ。

c0097754_11021509.jpg
c0097754_11032173.jpg
北風も登山者も多い山頂は避けて、南側の緩斜面でランチに。陽光が暖かい。渇いた喉にアワワが沁みわたる。至福のひとときである。
c0097754_11044284.jpg

賑やかな山頂は素通り。竜王山への周回路へ。さすがにトレースはしっかりあり、登山者も少なくない。
シャクナゲで知られるこの周回ルートを歩いたのはもう10数年前で、季節も違うこともあって記憶はサッパリだ。
「こんなにあったかなあ…」と急なアップダウンの多さに閉口しながら、なんとか送電鉄塔を過ぎると竜王山へ到着。

c0097754_11062697.jpg
c0097754_11072332.jpg
c0097754_11075849.jpg

いきなりプラ階段の激下りとなるのでスノーシューを脱ぎ壺足に。
雪が少なくなり、九十九折れの植林帯はショートカットで時間稼ぎ。

c0097754_11085213.jpg
c0097754_11090801.jpg
c0097754_11094218.jpg
15時半過ぎ、林道の登山口へ着地。
待たせたクルマに無理やり全員が押し入り、ほかのクルマの回収に向かう。

なによりも天候に恵まれた初登り。今年を象徴する一日であったらいいな\(◎o◎)/!



[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/29483290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2018-01-09 11:15 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31