近郊の山

【湖南】阿星山に行ってみた

c0097754_15345541.jpg
【日付】2017年6月15日(木)
【山域】湖南/阿星山▲693m
【ルート】石部・常楽寺(西寺)P9:20-11:10阿星山12:00-長寿寺(東寺)14:30-14:55常楽寺P
【天候】晴れ
【同行者】単独

滋賀県に10数年も暮らしていながら、甲賀、湖南の山にはほとんど足を運んでいない。飯道山とか笹間ヶ岳とか、よく名前を聞く山が近いのにもったいない。というわけで、どっかへ行ってみようか…と地図を開いてみる。
ピークハンターでもないのに、やはり標高の高い山を探してしまうのは人情なんだろうか?
それで目に留まったのが「阿星山」。標高700mを超える山は探しても少ないから、このエリアでは5指に入る高峰である。
そのくせ、じつは正しい名前の読み方も解からない。「あせいやま」「あぼしやま」「あせいざん」…、このどれかだろうが。

c0097754_15360156.jpg
まずは「湖南三山」の常楽寺へ。といっても、どんなありがたい古刹なのかも知識はないし、もちろん来るのは初めてなので、カーナビに案内してもらう。
写真は常楽寺の入り口なのだが、左の建物は隣りの西教寺の本堂。wik情報によると常楽寺は天台宗の寺院で奈良時代に創建。本堂と三重塔が国宝指定。「あぼしさん」と読むらしい。が、西教寺との関係は記述がない。
平日で休館のためか、進入路の門扉は閉じていて入れない。西教寺本堂前の駐車場はガラガラ(というよりクルマはゼロ台)だが、そこへ停めるのも気が引ける。どうしようかな?とよく見ると、西教寺と進入路との隙間が裏山への進入路になっている。しかも「阿星山P→」のプレートも。やはり、早合点はいけません。確認、確認(^_-)

まあそんなこんなで裏山に延びる林道沿いの広場に駐車。
少し歩くと、車止めの鉄パイプが仁王立ちしている。
舗装道路をぶらぶらと歩き、それらしい脇道へ進入する。
c0097754_15364630.jpg
c0097754_15375925.jpg


サワフタギの白い花房が満開。カエデの葉が新緑のカーテンになってくれる。
c0097754_15410805.jpg
c0097754_15422156.jpg

山頂までもう少し。林道から山道に入る。
c0097754_15473412.jpg
東屋が現れた。展望の峰とあるが、そんなに展望はないな…(゜o゜)
c0097754_15481105.jpg
数分で山頂へ。ここも眺望はない。
二等三角点柱を守るように信楽焼のタヌキが鎮座している。
c0097754_15490663.jpg
山頂で出会った地元の男性も下って行かれたので、とりあえずランチにしましょう。
まずは無事登頂に感謝のカンパイ!
c0097754_15500991.jpg
すぐ南のピークに立つアンテナ鉄塔。あっちへ回り込んで下ろうかな…(?_?)
c0097754_15505976.jpg
鉄塔からは保守管理の車が乗り入れている舗装林道を下る。
このままでも麓へ下れるのだが、東寺(長寿寺)へ下りたいので、途中から阿星山山頂方面へ登り返えさないと…。
工事車両が置いてあるところは山頂のアンテナ塔へのリフトレールが延びている。ここを上がれば近いかな?
しかし、進入禁止の警告に従います。
c0097754_15532498.jpg
もう少し下ったところから右手の斜面に斜面にとりつく。
c0097754_15535138.jpg
アンテナ鉄塔まで来たが、この先がヤブヤブで進めない。しかも、金網まで張ってある。
c0097754_15550527.jpg
なんとか乗り越えて登山路に出られた。
分岐から東寺方面へ下ると、「展望台へ5分」の標示。せっかくだから行ってみましょうか。
5分もかからず東屋の展望台へ。北西の琵琶湖方面の眺望が良い。三上山の向こうに琵琶湖や比良の山並みがボンヤリ。
c0097754_15564256.jpg
熊出没! かと思ったら、イノシシ注意でした(^_-)
c0097754_15575875.jpg
三上山(左)と菩提寺山のツーショット
c0097754_15582448.jpg
常楽寺(西寺)に対し、国宝がある長寿寺は東寺と呼ばれる。
c0097754_15590498.jpg
村のなかの舗装道路をテクテクあるいて車に戻る。
山としての面白さには欠けるが、名刹の拝観も兼ねて歩くには楽しいエリアかもしれない。
c0097754_15265618.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/28099149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2017-06-22 17:34 | 近郊の山 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31