人気ブログランキング |

大阪・六甲

摩耶山から宴会ヶ岳へ突入~恒例六甲オフ会

c0097754_2047368.jpg


【日 付】2014年12月27日(土)~28日(日)
【山 域】六甲

【天 候】晴れ
【同 行】無限大山行き隊(15人)
【ルート】第1日=新神戸駅9:30~布引ダム10:20~トゥエンティクロス~13:15摩耶山~15:30六甲保養所、第2日=六甲保養所9:00~山頂広場~湯槽谷峠10:15~11:20有馬温泉~JR三宮

今年は総勢15人の大所帯だ。初日は新神戸駅から摩耶山経由で宿舎へ。風呂と食事の後は、今年の山行の反省、来年の企画検討という大義名分をサカナに宴会ヶ岳へのチャレンジが深夜まで続く。
やや寝不足気味の第2日。有馬温泉めがけて下るだけ…と思ったら、結構の道のりだ。紅葉谷が崩壊で通行止めってことで、有馬三山を超えていくという。
結局、湯槽山手前のコルから荒れた谷へ突入。倒木を越えたり、堰堤を迂回したりしながら紅葉谷との分岐に下り立つ。
おかげで有馬の湯とランチバイキングを存分に楽しみ、高速バスで三ノ宮へ。

詳しくはyamaiki隊ブログで。
http://yamaikitai.exblog.jp/23489470/




c0097754_2091279.jpg
まずは新神戸駅を降り、「こうべの森案内図」を見ながら亀隊長のプレゼンを聞きましょう。

c0097754_20323822.jpg
いきなり布引渓谷の雌滝に到着。それなりの迫力です。

c0097754_2033824.jpg
これも雌滝。

c0097754_2034116.jpg
つづいて雄滝!2段になってる。

c0097754_20344114.jpg
お店がありました。ここで一服かな?と思ったけど、スルーでした。

c0097754_20364128.jpg
「サルのかずら橋」という橋。渡ればモンキーランド?

c0097754_20484310.jpg
監獄の壁?鉄条網も張ってあるし…。しかし、これは布引ダムの擁壁でした。

c0097754_2049169.jpg
なんでも「ダム湖百選」のひとつだって。ダムファンには見逃せないスポットだ!

c0097754_20513191.jpg
湖岸の散策路をブラブラ。

c0097754_20515698.jpg
このルートは「トゥエンティクロス」という。こんな渡渉地点が20ヶ所もあるらしい。でも、水の流れはチョロンティだ。

c0097754_20522423.jpg
何番目のクロスかな?

c0097754_2053254.jpg
上高地の大正池のような遊水池。透明感いっぱいの美しさに、女性陣から感嘆の声。

c0097754_20535082.jpg
川の畔でランチタイム。今日はこれです。

c0097754_2055936.jpg
ランチを終え摩耶山頂へ向かいます。「産湯の井」の石組みがありました。

c0097754_20552786.jpg
摩耶山頂へ到着。

c0097754_20555590.jpg
天狗岩。隣に祠もある。

c0097754_20563810.jpg
山頂近くから神戸湾の眺望。

c0097754_20565157.jpg
心経岩。般若心経が刻んである。

c0097754_20573047.jpg
保養所近くの峠道にあった石柱。なんて書いてあるのか…?

c0097754_211925.jpg
やっと到着。本日の宿、宴会会場です。


ここで改めて記しておきますが、今回の主たる目的は「無限大yamaiki隊」の1年間の山行を振り返り、来年度のプランを練ること。したがって、この夜は当然、夜が更けるまで、ケンケンゴウゴウ、カンカンガクガクの夜も山ばなしが続けられたことは言うまでもありません。


翌日~!

c0097754_21204692.jpg
まずはミナト神戸を見下ろしてから~

c0097754_21213882.jpg
六甲のシンボル、鳥かごみたいな枝垂れ桜の植物園を見上げて~

c0097754_21222265.jpg
この三角点は? 確認しないまま通過

c0097754_21223549.jpg
有馬三山を越えていくはずが、油槽谷山手前から荒れた谷筋を下ります。

c0097754_21225570.jpg
倒木をくぐったり、ガレ場をトラバースしたり…。あるようなないような踏み跡を辿って、なんとか林道へ。

c0097754_21253316.jpg
有馬温泉の簡保の宿でお風呂の後はランチバイキング。もう、別腹も満タンの一同。めでたく帰路に付けました。

で、来年の山行プラン、だれかメモしてた?
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/23334743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2014-12-30 21:26 | 大阪・六甲 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30