人気ブログランキング |

大峰・台高

奥伊勢の山は初夏の花がいっぱい

c0097754_10234546.jpg

【 日 付 】2013年4月27日(土)~28日(日)
【 山 域 】奥伊勢 

【メンバー】zipp、Be~、pana、万手麻、緑水、とりや、ナズナ、biwaco
【 天 候 】ずっと晴れ

 紀勢道の大内山ICを出たコンビニが待ち合わせ場所。早めに家を出過ぎたのか、なんと1時間半も早く着いてしまった。出たときは雨模様だったのに、伊勢道に入ったころにはもう晴れている。やはり南国はいいな~。それにしても風は冷たい。ポカポカ陽気を期待していたのだが。
 ちょっと買い物して、車に戻ると、ちょっと前の妙齢の女性がニコリと会釈してくれる。あれ、だれだったかな…? と戸惑っていると、「台高のヤミ鍋で…」とヒントを頂いてやっと記憶が甦る。「あっ、ナズナさん!」
あかんなあ、女性に先に名乗らせるなんて…。(@_@;)
 緑水さん、panaちゃんも現われて、万手麻さんの高級SUVに続き、おもむろにzippさん到着でこの場の待ち合わせ予定は全員集合。



【1日目】
 GW初日。といってもGY(年間休日)の身分には「貴重な連休」の実感がない。平日を挟んで10日間もの日程で山プランは今回の二日間しか組んでいない。
 その貴重なプランは、奥伊勢の低山で春のお花見と焚火を囲んでのテント泊が目的。1日目は足慣らしも兼ねて大平山ツツジ園から大河内山545.9mへ。
 ツツジまつりの準備中の方々の間をすり抜けて大平川沿いの林道を進み、植林の隙間のスペースに駐車。登山口には「キワダコース 1.7k」とある。ウバメガシの疎林の間に立派な散策路。それでも背中に汗をかくくらい登ると、両側のシダがアセビに替わり、紅い新芽が美しい。背の高い標柱が立つ大河内山の山頂は、一休みでパスし、東に延びる尾根を下って電波塔の立つco530mピークへ。
c0097754_10252245.jpg
c0097754_10254627.jpg
c0097754_10261844.jpg
c0097754_10264445.jpg

 鞍部からは古和峠からのカタツムリみたいなグルグル巻きの林道を登り返し。アケビやムベの花が咲いている。といってもその名前が分かるのは植物博士がいるからだ。花よりダンゴ、秋には熟した実を採りに来たいなあ…。
 カタツムリ林道の頂点にはフェンスで入れない。仕方なくその傍に座り込んでランチにする。古和浦湾方面の見晴らしがいい。やや霞んでいるのが残念だ。南紀や伊勢の山からは眼下に海が見えるのがいいね。
c0097754_1027757.jpg
c0097754_10272845.jpg
c0097754_1030062.jpg
c0097754_10304772.jpg


 山頂に戻り、西に延びる尾根を下る。シャクナゲの花もチラホラ。co400mの尾根分岐を左へ。もう下に福祉施設の建物が見えている。最後はワラビを探しながら斜面を下ると施設の裏手に。一面はツツジ園で今が盛り。「人に優しい緑の環境 大平つつじ山」の標示板。ツツジは真っ赤だったけど…。
 駐車場まで戻り、梅ヶ谷から大内山川沿いの車道を走って今日のテント泊地へ直行。
c0097754_1031898.jpg
c0097754_10313755.jpg
c0097754_10321024.jpg
c0097754_10351842.jpg


【2日目】
 山歩きは今日がメインコースなのだ。メンバーは2人増えた。夕刻合流のBe~ちゃん、朝やってきたトリヤさんが加わって8人。朝からzippさんが揚げてくれた山菜天ぷら入りのうどんを戴き、パワーアップだ。ただ一人、Be~ちゃんの体調が最悪状態みたい。昨夜、pさんに飲まされた●×飲料が災いした…?
 犬戻峡というだけあって両岸が切り立った峡谷だ。犬も引き返す…って、うちのハナなら入り口で座り込むやろ(@_@;) とはいえ沢登りじゃあない。
 7:20、まずは左岸の林道からブラブラ。右岸に移ってブラブラ。だんだん林道が崩れてきた。河原の石跳びやヘツリも。季節の花も咲いている。名前を教えてもらうが、もう記憶が呼び出せない。(@_@;)
c0097754_10365668.jpg
c0097754_10372138.jpg
c0097754_10374920.jpg

 花にばかり気を取られていたら、傾斜がイヤにきつくなった。co600mあたり。地形図を見るとえーっというくらい目が詰まっている。こんなとこ、登れるんかいな?
そのとおり、現場はガケ! なんとかロープなしで攀じ登る。  
 ・1013pは右を巻いて稜線に出る。予定では古道・春日越までとなっていたが、・1038pを睨む手前の鞍部でランチに。足元の白玉やピンクのミツバツツジを眺めながら、各々持参のお昼メニューに舌鼓。女性陣からのトッピングメニューやデザートがいつものことながら嬉しい。Be~ちゃんだけランチも喉を通らないなんて、カワイソ―(@_@;)
c0097754_10384846.jpg
c0097754_1039128.jpg
c0097754_10393568.jpg

c0097754_10503922.jpg
c0097754_10511369.jpg
c0097754_10521057.jpg
c0097754_10523665.jpg
c0097754_1053841.jpg
c0097754_10533737.jpg
c0097754_10541951.jpg


 お昼も回ってるしここらでUターンしましょう。奥伊勢の山並みや熊野灘も遠望できたし、お目当てのお花はもちろん、植物博士に鳥博士のおかげで珍しい花や鳥にも出会えました。

 帰路は・1013から東南東の尾根を下る。最後は・668手前から巡視路に従って大河内川へ下る。結構キツイ下り道。巡視路というのは最短のルート取りすることが多いみたいで、こんな道が多いのだ。マムシ草が茂る舗装路をテクテク歩いて犬戻峡の入り口へ15:45。
 
c0097754_1055281.jpg
c0097754_10554696.jpg


 暖か花の山の、ときどきちょっとハードなマッタリテント泊がいい思い出になりました。(^.^)/~~~
(はて、いつまで覚えておれますか…?)
  
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/20253387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふ~さん at 2013-06-08 17:47 x
花に囲まれ、美女に囲まれ、アルコールの海に沈没し・・・言うことなしの二日間でしたね(^_-)
Commented by biwaco06 at 2013-06-09 21:05
ふ~さん、こんばんは!
花や美女に惑わされ、アルコール漬けにされて奥伊勢の山奥に埋められた…って、聞いたような事件みたいやないですか。(@_@;)
いや、ホンマ、口もきけないヘロヘロ状態。どうやら私は台高方面は鬼門のようで…。(^_-) と言いながら、こんどはふ~さんも巻き込んであげるから、乞うご期待。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2013-04-28 10:18 | 大峰・台高 | Trackback | Comments(2)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30