鈴鹿

トリ返せない失態もJA温泉で洗い流そう

c0097754_17593163.jpg
【 日 付 】2012年11月18日(日)
【 山 域 】鈴鹿/仙ヶ岳~宮指路岳

【メンバー】宮指路、ふ~さん、kitayama-walk、イチマル、biwaco
【 天 候 】曇り、時々晴れ~時雨
【 ルート 】小岐須渓・石大神P7:20~一の谷~マド8:30~9:20野登山9:40~仙鶏尾根~仙ヶ岳11:15~12:10co910岩峰13:05~犬返しノ険~宮指路岳13:25~ヤケギ谷尾根~大石橋15:00~15:10石大神P

 当初予定では佐目子谷から拝坂尻~お金明神の周回だったのだ。お天気がだんだん冬型になり、南部なら大丈夫だろう…と急きょ変更、上記のルートとなった。
 この面馬になったのも、最近の第3極と同じでトーセン(登山)できればなんでもいいや~と寄り集まった日和見ストばかり。共通項はあるようでないようで…。

 小岐須渓谷ってところへは初めて入る。三重県側からの鈴鹿はほとんどビギナーなのだ。ナビにすがってなんとか石大神の駐車場まで辿り着くと車が1台。紅葉も終わりかけの、しかも時雨模様のこんな日に来るのは…と思って声をかけたら、「イチマルです」。やっぱり!(^^)!
 イチマルさんとは初対面だ。kitayama-walkさんの誘いで参加された。我が家とは琵琶湖対岸の湖西方面にお住まいという。
 挨拶を交わしているうちに他のメンバーも揃って出発。コースに明るいふ~さん、kitayamaさんを先頭に駐車場の先を左手に入り橋を渡って一の谷コースを進む。

 詳しいレポは宮指路さんのヤブコギ投稿レポを参照http://www.yabukogi.net/viewtopic.php?f=4&t=1184





 予報では晴れのはずなのに朝方から雨がパラついたり寒風が吹き荒れたり。着衣調整しながら谷筋の登山路を詰め稜線に湾曲した空が乗ったマドへ約1時間。ここからは快適な尾根を進み、山上公園みたいな広場に出る。「国見のひろば」と彫られた石碑や「夢山道頂上ひろば」の木組み、木製ベンチや展望台などがあちこちに。ブランコや滑り台も探せばありそうだぞ。
c0097754_1814143.jpg
c0097754_182333.jpg
c0097754_1822655.jpg
c0097754_1825475.jpg
c0097754_1832512.jpg


 ススキの原っぱを横切り、登山路をショートカットして、野登山の山頂はすぐだった。眺望はないが三角点柱はあった。反対側に下って登山路へ。お地蔵さんがラクロスのネットのようなものを担いでいる。なんでも役行者の像なんだって。これは失礼(@_@;)
 横に山頂へ向けてヘンな標識。板の下半分が割れていて「二角占」としか読めない。なんじゃこれ? 解読できるかな?(biwa爺はすぐにわかったよ(^^)/)
c0097754_1841641.jpg


 下り気味に野登寺へ。大杉とお地蔵さんの祠が並ぶ参道を進んで石段をあがれば鶏足山野登寺。休憩。鴨居に書かれた文字を見て、ちょっとビビる。今日の昼食はコンビニの「鶏飯弁当」なんだ。ローストチキンよりはマシだろうが、ここへきて鶏肉を食うのはちょっと…(@_@;)
c0097754_1852535.jpg
c0097754_185441.jpg


 マイクロウエーブの塔が立つ裏山から行ったん林道へ下り、仙鶏尾根を仙ヶ岳へ向かう。まるで奈落の底へ落ちていくような下り。標高差130mほど。せっかく登ってきたというのに、なんとももったいない話だ。
 最低鞍部から200mあまり登り返す。しかも痩せ尾根ありのアップダウン尾根だ。上に行くほど時雨混じりの風が強くなる。

 大きなザックを担いだ若者グループ。「どこでテント?」と聞けば、「昨夜、下のキャンプ場で」という答え。?なら、重い荷物担いで登らなくても…と思いかけて、ああそうか! 鍛錬訓練のボッカなんだ。
 先に進みかけると、「では私たちも出発しま~す!」と発声主はリーダー風の女性。「はい!」の返事はボッカ男性陣。あとでMJ大のワンゲルと聞いたが、ここも上下関係が進化しているようだ。

 仙ヶ岳山頂は風が強く長居は無用。風を避けられる場所を探しながら県境稜線を北上する。小社峠は風の通り道でダメ。その後もアップダウンを繰り返すが西からの強風はひどくなるばかりだ。先頭のふ~さんはどこまで行くつもりやろ? kitayamaさんにイチマルさんの姿はとっくにない。宮指路さんの背中をなんとか見失わないようにガレ場を通過。
c0097754_1873874.jpg
c0097754_1884687.jpg
c0097754_189864.jpg


 やっとこさ、犬返しの険の手前のco910の岩峰の陰でランチにするらしい。ピークなのに意外に風は穏やかで助かる。寒いけどまずはアワワで乾杯。kitayama殿下はエビスのロング缶、こちらは第3類のレギュラーサイズ。日本はやはり格差社会なんだ…と山に来てまで思い知らされる。(>_<)
 それでも美味しく鶏飯にミンチカツを頂きながら談笑。その時、トリ返しのつかない事件は起こったのだ。前後の状況は今になっても記憶に残っていない。気がつけば目の前に鶏飯がトレイごと散乱していたのだ。くそっ!このチキン野郎…と悔やんでもやったのは自分なんだから仕方ない。まあ半分以上は食べた後だから、カロリーのトリ過ぎ防止にもなるやろ…などと自分に言い聞かせる。
c0097754_1895261.jpg


 ランチのあとは犬返しの険を越えて宮指路岳へ。途中、馬乗り岩とかの巨岩奇岩があり、なんでも跨ってみたい症候群のFさんやKさんは騎上位を楽しんでおられた。私は勿論遠慮しておいたのだが、ちょっと羨ましさを禁じえなかったことも事実ではある。
 宮指路岳山頂でガマンならず小キジを撃っている展望岩方面から奇声がする。はて、ここはキジ撃ち禁止区域だったか?と振り向けば、展望岩に他のメンバーが鈴なりで放水の見学中ではないか。(@_@;) まったく油断も隙もない。
c0097754_1810351.jpg
c0097754_1811257.jpg
c0097754_18112026.jpg


 小岐須峠からカワラコバか、宮指路岳からヤケギ谷を下るか…? で全員協議の結果、展望のよいヤケギの尾根を下ることになる。県境尾根からも眺めていた三体仏岩に五体投地でお参り。
次は東海展望岩。宮指路さんが四日市方面に向かって携帯メールを発信し始める。ラブメールと言えばふ~さんと決まっているのに、おおっ!宮指路さんもフェミニストに成りあがったか(^^)/
本人は「カメラを忘れたので写真を撮っていただけ」としきりに弁明するのだが、はたして…。
c0097754_18121787.jpg
c0097754_1813221.jpg


 大石橋へちょうど15時。なかなかいい時刻だ。デポしておいた車で石大神の駐車場へ。

c0097754_1814458.gif kitayamaさんがJA鈴鹿が運営する温泉があるという。ならば行ってみなければと宮指路さんも誘って車を走らせる。お風呂は地元の人で大賑わいだ。湯船に浸かって洗い場が空くのを待っているのだが、これがなかなか。(@_@;)
もうダメ(>_<) と立ち上がったらタイミング良く空きができた。
 500円は安い、いいお湯でした。JAさん、ありがとう~m(__)m
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/19051843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 宮指路 at 2013-01-09 10:33 x
東海展望からの後姿は携帯メールをしているように見せかけて実は小用をしているのです。フフフ
Commented by biwaco06 at 2013-01-09 18:37
946ちゃん~
真実をバラしちゃアカンでしょう。(@_@;)
東海を穢した張本人として隣りの三体仏様に×をくらいますよ。(^_-)
ところでそのせつは爺の遅足にお付き合い、ありがとうございました。今年もよろしくね(^^)/
Commented by kitayama-walk at 2013-01-11 22:50
 おお、宮指路さん、あの写真はそうなんですか。biwacoさんは宮指路岳で同じことしていたし。二人とも天罰が下りますね。今のうちに善行を重ねてお祓いをしておいて下さい。いやいや、宮指路さんは、釈迦ヶ岳で食べる前のお弁当ひっくり返したのが罰ですかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2012-11-25 17:54 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(3)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31