人気ブログランキング |

美濃・奥越・湖北

紅葉の露に埋もれてグッショリでも、冠もゲットして大満足

c0097754_1135775.jpg
【 日 付 】2012年11月10日(土)
【 山 域 】越美国境/金草岳~冠山 

【メンバー】単独
【 天 候 】晴れたり曇ったり
c0097754_16435850.jpg【 ルート 】R147河内6:10(~冠山峠に自転車デポ~)7:40~楢俣林道~桧尾峠10:40~11:35金草岳12:05~冠山峠13:45~冠山15:00~冠山峠16:05~16:45河内駐車地

 11日(日)のヤブオフ会は、お空の神様に見放されたのか40%の壁を突破できず、どうやら中止になりそうだ。ならば降水確率10%の前日にお山を歩くことにしましょう。
 ということで選んだのが金草岳。ちょっと南に下がれば江美国境に金糞岳がある。クサとクソの違いだけ。まあ、クソはクサいから仲間みたいなもんか? そう言えば標高も金草1217m、金糞1317mと似たようなもんだ。
 冠山峠を挟んで隣りに冠山がある。あの烏帽子のような奇形の岩峰だ。時間があればその冠頭も踏んで来たい。しかしここはアクセスを含めて初めてのエリアだ。ネットの道路マップで確かめると冠山峠まで170kmもある。台高よりも遠いではないか。早朝でも3時間は掛かりそうだ。先日買い替えたアジアメーカーの廉価ポータブルナビにルート入力。ん? 道も地名も出てこんがな…。縮尺を拡大して…おお、出た出た! 「冠山峠」の表記。うっすらと道路らしい双線もある。でも「金草岳」も「冠山」も現われない。どうやら2000m以下の低山の名前は入ってないみたいだ。台湾のドライバーは林道など使って山登りはしないのだろう。

 で、ポータルの地形図と広域図をプリントして、カーナビ、スマホGPSの地形図と2重3重のアクセス情報を準備。先日の台高ではせっかく用意したスマホも紙地図もウエストバッグごと家に忘れてしまうという失態を演じてしまったのだが、今回は教訓を生かし完全無欠のスタンバイ。いつでもコイ!の気構えで、4時出発に合わせて10時過ぎには就寝という気合の入れ方。






 米原jctから北陸道に入ると、なんとフロントガラスに雨粒が! あの降水確率10%はどうなったんや? 武生ICからR147へ。コンビニで食料など調達。5時過ぎても辺りはまだ真っ暗だ。ナビを頼りに冠山峠へ向かう。
 今日のルート起点になる楢俣林道は「河内」の橋のところから右に入る。位置確認だけして、帰路用の自転車をデポするためR147を峠へ向かう。ここからまだ10km以上もあるらしい。
c0097754_1220425.jpg
 国道の終点にはゲートがあるがまだ開放してある。12月に入るとここで冬季閉鎖になるらしい。ここから先は林道となるが、道が少し狭くなるだけで立派な舗装道路だ。冠山峠を下ると徳山湖から再びR147となって美濃方面へ繋がっている。いっそのこと、なんで全部国道にしないのか? そのうち長大トンネルでも掘るつもりなんだろうか?
 それはさておき、小雨とガスに巻かれながらのクネクネ林道は緊張するが、あたりは黄葉紅葉の大パノラマ。これはいったいなんなんだ! 思わず目を奪われて、危うく車ごと谷底に転落しそうになる。全山紅葉とはよく言うが、こんな錦絵状態を目にするのは初体験のエクスタシーである。
 そう言えば紅葉の時期、見物客で冠山峠は大人気と聞く。さもありなん。鈴鹿も、台高も、御岳の紅葉もよかったけど、これほどのスケールではなかった。山歩きには興味ない人もわざわざ峠道を登ってくる気持ちがよくわかる。

c0097754_11422275.jpg
c0097754_11424047.jpg
 冠山峠には6時半。予想通り、家から3時間だ。雨は止んだが、辺りはガスっぽい。自転車を降ろし、看板の柱に括りつける。さすがにこの時刻、他車の姿はない。
c0097754_11444910.jpg
c0097754_1145940.jpg
 峠道を慎重に下り、確認しておいた楢俣林道分岐の国道沿いスペースに駐車。7:40、仕度を済ませ、林道を歩く。紅葉の写真を撮りながら40分ほどで林道終点の添又谷出合。
c0097754_11461849.jpg
c0097754_11475821.jpg
ここから真ん中の尾根に取り付くのだが、その取り付き点はどこかいな? 地形図の点線では分岐の先で本流を渡るように記載されているが、手前の石橋に乗ってみると添又谷右岸に踏み跡がある。取り敢えずこっちから行ってみるか。ヤブっぽい踏み跡に入るとすぐ堰堤に出る。地形図にある小さな貯水池かと思ったら、土砂で埋まっていた。どうやら踏み跡は沢へ出るためのもので登山路はなさそうだ。流れを跳んで渡り、堰堤の左岸端から尾根に登ると踏み跡が現われた。なんだ、地形図の点線通りでよかったんや。
 そのまま登って行く。けっこう急な登りで、時々ルートが不確かになったり雑木の枝で通せんぼされたりするが、倒木が切り払ってあったりして、一応登山ルートとしての整備? がされているようだ。
c0097754_11492075.jpgc0097754_11494784.jpg


















 急登のシンドサを忘れさせてくれるのがみごとな黄葉紅葉。冠山峠への林道から見下ろした錦絵を、今度は下から見上げる。

 ♪秋の夕陽に 照る山モミジ
 ♪濃いも薄いも 数ある中に
 ♪マツを彩る カエデやツタは
 ♪山のふもとの 裾模様~

 夕陽を朝陽に変えれば、まさにこの歌詞通りの世界なのだ。マツの代わりにスギやブナが彩りを演出してくれる。急登のせいもあるが、すぐに足が停まってしまい前に進めない。デジカメになってフィルムの心配が無くなってよかった。

 しばし紅葉パラダイスのスライドショーをどうぞ。
c0097754_11514930.jpg
c0097754_1154345.jpg
c0097754_11542078.jpg
c0097754_11545069.jpg
c0097754_11552611.jpg
c0097754_11572341.jpg

 しかし、そんな楽園ばかりではない。やがてp915mの次のピークを越えたco900mのコル辺りから尾根が細りだす。やはりシャクナゲや雑木、ササのハードルやトンネルが桧尾峠まで続いた。しかも、未明の雨で葉にタップリ溜めた水滴がモロに降りかかる。「露払い」とはよく言ったもので、だれか前を歩いて欲しかったが、こんなルートを選ぶ人は少ないんだろう。紅葉期の週末というのに人っ子一人出会わない。濡れたせいか登りなのに風が当たると寒いくらいだ。
c0097754_11594373.jpg

 10:30.桧尾峠の標柱がある分岐に出て一休み。慌てて上着を羽織る。冠山峠~金草岳を結ぶ稜線の登山道はしっかりと踏まれ、両側のササや雑木の処理もされて幅も「2者線」はありそう。以前はここも道が無いので残雪期しか歩けなかったと聞いたが、いまは登山路が整備されている。
c0097754_120333.jpg
 とはいえ、いくつかアップダウンもあり、30分もあれば行けるかな?と思ったら大間違い。手前の白倉岳まで40分、金草岳まで50分で11:35着。駐車地からちょうど4時間だった。
c0097754_1221623.jpg
 丸く切り開かれた山頂には男性が4人。みなさん単独ハイカーのようだ。今日のランチは簡単メニュー。寒いのでアワワは飲まず持って帰ろうかな…とは思ってみたものの、リュックから取り出せば、おのずとプルタブを引いてしまう。テルモスのお湯で味噌汁を作り、コンビニの助六寿司を戴く。ここのところ、日帰りばかりで荷が軽いせいか、なんでも美味しく喉を通る。夏場の食欲不振がウソのようで、嬉しい限りなのだ。
 隣りの男性と山話をしながらランチを済ませたころ、下からゾロゾロと数名の中高年グループがやってこられた。そんなに広くない山頂広場だ、席を空けないとね~。そそくさと用意して下山。
c0097754_1231626.jpg
c0097754_1233618.jpg
c0097754_125172.jpg
 上空はまだガスが抜けない。正面の冠山の烏帽子を隠したり現わしたり。奥美濃の山が連綿と繋がるが、どれがどれだか…。徳山ダム湖ははっきり見下ろせる。登ってきた越前側は紅葉に埋め尽くされた山襞に所々陽射しが届き、輝きを増幅させている。
 桧尾峠へ40分。給水しながら、後ろからやってきた元気二人組に先に行ってもらう。
ドドドーと下って登り返すが、これが思ったより遠い。そろそろ峠かな?と思ったピークは布滝ノ頭1047m。峠までもう少しありそうだ。
 最後は・1118mの北側を巻いて冠山峠。金草岳から1時間40分。
 さすがに人気の山だ。駐車スペースは車で埋まっている。老いも若きも男も女も、観光客もファミリーも、辺りをウロウロ。山歩きグループは座り込んで食事中だ。
c0097754_126426.jpg
c0097754_126178.jpg
c0097754_1263064.jpg
c0097754_1264742.jpg

 さてと…。13時半までに着けたら冠山まで行ってこようと思っていた。13時45分だ。何とも微妙なこの時刻。往復2時間あればピストンできるはず。てことは15時45分…。それから自転車で30分ほどか…? 日没は17時ごろ。まあ、大丈夫かな。行ってみようか(^^)/
 続々と下ってくるハイカーとすれ違いながら・1156pへの登り道を進む。ピークからは登ったり下ったりで稜線分岐へ。ここから岩場を登れば山頂だ。「冠山」というより「冠嵓」という感じ。東端に三角点△1256.6がある。隣りの金草岳より40mほど高いのだ。
c0097754_1275389.jpg
c0097754_128779.jpg
 ちょうど15時。さあ下山だ。往路とあまり変わらない時間がかかってで16時ちょっと前に峠へ。もう残った車は1台だけだ。
c0097754_1284826.jpg
 暗くならないうちに…と、自転車を解錠してダウンヒル。でも、まだ乗りこなせない20インチのミニチャリ。谷底が恐ろしくてスピードが出せない。紅葉に目を奪われた対向車のドライバーに谷底に突き落とされそうになりながらも、なんとか40分かけて11.3kmを下り駐車地へ無事帰還できた。

c0097754_1294566.jpg
 一度、踏んでおきたかった金草岳と冠山。絶景ともいえる紅葉はオマケとは言い難い大収穫だった。次は残雪期にどのルートで歩くか…。もうそのウズウズが始まりそうだ。
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/18760492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pana at 2012-11-13 13:19 x
biwacoさんこんにちわ~
ちょっと忙しかったので、今からお昼です。
金草山行きました、去年の同じ日や~♪
楽に登れるのに山深いよね~♪
http://blogs.yahoo.co.jp/mikiandsyo/21570026.html
Commented by biwaco06 at 2012-11-14 00:11
panaちゃん~
紅葉がバッチリでした。冠山峠からの稜線道は登山者が多かったのですが、楢俣林道~桧尾峠の尾根はブナが多くて、黄葉に足が止まってばかりでした。
Commented by kitayama-walk at 2012-11-16 13:28
biwacoさん、こにゃにゃちは。
 越美国境の2座、アクシデントもなく無事登頂おめでとうございます。私も、金草岳には2010/11/7、冠山には2011/11/12に登りました。それも冠山峠からそれぞれピストン。単独行ならば1回で歩けるところです。でもピストン面白くないので、今回のbiwacoさんが歩かれたコースはいいですね。ちゃりんこ必要ですが。一昨年は紅葉が素晴らしく、晴天に恵まれて予想以上にきれいでした。しかし、昨年はちょっと遅れた感じで晴天でしたが、イマイチでした。確か国道はトンネル3つ越えたと思うのですが、冠山峠までの林道は舗装道路ではあるけれど曲がりくねっていて運転がキケンでした。自転車での下りは楽ちんのはずが、40分もかかりましたか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2012-11-13 12:23 | 美濃・奥越・湖北 | Trackback | Comments(3)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31