両白・北陸・飛騨

猿ヶ馬場山はガスの向こうから手招きするだけでした(>_<)

c0097754_17261571.jpg

【 日 付 】2012年7月16日(月・祝)
【 山 域 】両白/籾糠山 

【メンバー】kitayama-walk、biwaco
【 天 候 】小雨~曇り、時々晴れ
【 ルート 】天生峠-天生湿原-籾糠山(-猿ヶ馬場山-籾糠山)-天生峠

 テレビでコンチキチンのニュースをやっている。祇園祭は梅雨明けの祭り。巡行と梅雨明け、どっちが早いか、毎年競走になる。
 3連休は雨模様。ラストの16日だけお日さまマークがついた。kitayamaさんと相談。挫折した先日の三国~左千方のヤブ突破のリベンジに能郷白山~磯倉はどうだろう? これで決まりかけていたのだが、いっそのことなら籾糠山~猿ヶ馬場はどうや?と…。
 地図と他人のレポだけ睨んで行き先を決めるのは、まあ楽なもんではあるのですが…。さあ結果はどうなることやら。(@_@;)




 遠い日帰り遠征だ。車を1台に絞り、名神の閉鎖バス停へ攀じ登ってピックアップしてもらう。一宮jctから東海北陸道を北上。美並の手前あたりから雨がポツポツ。トンネルを抜けるたびに強くなってくるみたいだ。白川郷ICを出て道の駅で仮眠。
 翌日、6時過ぎに天生峠駐車場へ。
 小雨…といっても時折ぱらつく程度だが…。山はガスに包まれたまま。どうもモチベーションが上がらない。今日は晴れるんやなかったの?

c0097754_17292455.jpg
c0097754_17301686.jpg
 6:40 とにかく籾糠山まで行ってみよう。歩きはじめて30分も掛からず湿原へ。水芭蕉は葉っぱだけだがニッコウキスゲの黄色の花は健在。ササユリが淡いピンクの花を開いて迎えてくれる。

c0097754_1731436.jpg
c0097754_1731263.jpg
 カツラ門や路傍のショウキランなどを楽しみながら、ぬかるむ登山路を2時間ほどで籾糠山山頂。

c0097754_17322283.jpg
 まだ9時。山頂には追い抜いて行った西宮の単独男性とわれわれの3人だけだ。さあ、ここからが本番! と気合を入れようとするのだが、どうもモチベーションが上がらない。
c0097754_17331655.jpg
 小雨は止んだものの、ガスは掛かったまま。大瀬戸谷を挟んだ対岸の猿ヶ馬場山は時折ガスのカーテンを開けて姿を見せてはくれるのだが…。
 考えてきたルートは二つ。稜線を進んでco1640のコルから大瀬戸谷源流へ下り、枝谷からヤブを漕いで猿ヶ馬場山頂への谷ルート。もうひとつは尾根を時計回りにグルンと回り込むルート。行きは谷から、帰りに尾根回りで…。

 西宮単独さんと山話をしながらガスが晴れるの待つのだが、これがなかなか…。予報では午後からは晴れということだった。しかし午後まで待ってから行ったのでは帰ってこれない。ここから猿ヶ馬場へは往復5時間は必要だろう。

c0097754_17335230.jpg
 南の尾根への入り口を覗いてみる。ここにも「侵入禁止」のプレートが掛かっている。「進入」でなく「侵入」の文字に「入るのは領域侵犯なんだぞ!」とのメッセージを感じる。なんとか踏み跡は分かるが、雨水が滴る雑木の枝が覆っている。
 「よーし、行くぞ!」と気合を入れて、入り口から尾根に入ってみる。雨合羽のズボンを履いているので濡れるのは構わないのだが、元気な雑木ヤブを掻き分けて進むのはそう簡単ではない。
 500m足らずのコルまでどころか30mも進まないでギブアップ。このまま進んだらヤブに絡め取られ、身動き不能となってクマの餌食になるだけや。あかん、あかん、こりゃ無理やわ…(>_<) もともと高くないモチがいっぺんにゼロに落ち込んだ。

 この尾根、10年あまり前に切り開かれ、そのころのレポはいくつかある。しかし、当局の許可なしということでその後は放置され、元のヤブに戻りつつある。「生態系保護」がその理由らしいが、籾糠山までは立派な散策路や登山路を付けているのだから、せめて猿ヶ馬場まで延ばしてくれてもいいのになあ…と思ってしまう。

c0097754_1735251.jpg
 結局、山頂に1時間ほどいたわけだが、北側の人形山~三ヶ辻山が姿を見せてくれた程度の眺望。ターゲットの猿ヶ馬場山は思わせぶりにオイデオイデしときながら、姿を隠してしまった。性格悪い山だ、ほんまに…。(@_@;)

c0097754_17354810.jpg
 意気消沈ながらなんとなくホッとした帰り道はブナの巨木が連続する尾根を下り、湿原を一周。ニッコウキスゲの葉や茎が白っぽく変色している。なんじゃ、これ? よく見ると白透明な小さい虫。アブラムシだ。
 この時刻になると、下からの登山者がポツポツ。すれ違いざま気がつく。(ジオンさんでは?) 声を掛けるとピンポン~! 昨年、神鳩ノ宮小屋(石徹白)でバッタリしたなあ…。隣りの相方はくぼちゃん。なんでもこの連休、悪天候で白山の北縦走路を断念撤退。籾糠山はクールダウン山行らしい。
 ブログをリンクしているkitayamaさんとは初対面ということで立ち話が弾む。
c0097754_17372780.jpg


 湿原の合流点では名古屋の年配ご夫婦と長話。「隊長(kさん)」のこと、同じ高級ウォッチ、ショウキランの撮影…ここでも話が終わらない。kitayamaさんの話好きには太刀打ちできない。(>_<)

 それでも駐車場へ戻ると、まだ12時を回ったところ。そう言えばまだランチもしていない。ターゲットを仕留めたら祝杯を!と、忍ばせてきたアワワもザック中の保冷庫で眠ったままなのだ。
 「いっそのこと、温泉に入って食事と乾杯を!」と話がまとまり、国道を平瀬まで南下して「しらみずの湯」(道の駅)へ。風呂からあがって蕎麦と生アワワで乾杯。目標は達成できなくても、それはそれ。互いの健闘を讃えあう。
 ゆっくり寛いで毒抜きした後、御母衣ダム湖畔の「荘川桜」を見たりしながら帰路につく。
c0097754_17381617.jpg
c0097754_17384111.jpg

 またヤブ突破に失敗。宿題が増えてしまった。軟弱biwa-kita道中にはヤブは似合わない?
 後日、kitayamaさんから「2度あることは3度ある? それとも3度目の正直?」とメールが来たので、「仏の顔も3度」と返しておいた。いつかはヤブに捉まって進退不能に…? いつまでも幸運は続いてはくれんやろからなあ…。(-_-;)
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/18260133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kitayama-walk at 2012-07-25 11:22
biwacoさん、ようやくアップというか、いや、いつもより早いアップですね。やぶこぎねっとへの投稿が先でしたが、それを基にしてのアップですね(感心)。でも、最後のオチが書かれていないですね。

 それにしても、ヤブこぎネットの記事には、たくさん食いついてもらいましたね。タイトルがおもろかったからでしょうか。ま、ヤブこぎしようとチャレンジして敗退記はおもろいんでしょう。そこは是非とも3度目の正直とい行きましょう。
Commented by Chika at 2012-07-29 14:58 x
タヌさんキタさんの珍道中(失礼っ!)、シリーズ化決定ですね^^v
すっかり筋肉が溶け落ちたワタシには、とてもついて行けません(涙
今も外の強烈な陽射しがコワくて、夕飯の買い物に出るのさえおっくうで・・・

ヤブコギのほうも読ませてもらいましたがー、最後の「オチ」って???
Commented by kitayama-walk at 2012-08-02 11:21
 そういえば、biwacoさん、最後のオチをまだ書いていませんね。そろそろ告白したらどうでしょう。僕も、後から聞いてびっくりしましたので。
Commented by ふ~さん at 2012-08-03 05:55 x
最後のオチで盛り上がってますね。みなさん、気になってオチつかない様子ですよ。

ヤブまみれの一日、お疲れさま。これからもお互い安全山行でいきましょうね。
Commented by biwaco06 at 2012-08-04 20:36
kitayamaさん~
暑くて、眠くて、なにかと忙しい(?)夏です。もうヤブコギはこりごりです。かといって、長~い縦走路も食傷気味。冷たい沢遊びでもしたい心境です。
最後のオチ、今となっては賞味期限切れでしょうけど、一応アップしておきました。
Commented by biwaco06 at 2012-08-04 20:43
Chikaちゃん~
最近はブログもヤブもご無沙汰状態。キーボードを前に指も頭も動きませ~ん。(>_<)
赤牛か~。雲ノ平テン場はいい場所選ばないと石ころだらけですよ。
Commented by biwaco06 at 2012-08-04 20:50
ふ~さん~
もうヤブはコリゴリですよー。これからはおとなしく正道を歩きます。よろしくお導きを~m(__)m
こう暑いと、涼しい沢が恋しいですね。赤木沢を思い出します。
Commented by seirannti------ at 2013-03-26 17:01 x
猿ヶ馬場山はきつかったですかーーー
私は今度行くつもりだったのですが、雨で行けなくなりました(-_-)
また計画すると思いますが、何時間ぐらいかかりましたか?
Commented by biwaco06 at 2013-03-26 17:18
seiranntiさん~
コメント有り難うございます。
ご覧の通り、猿ヶ馬場までは断念でした。籾糠山までは3時間足らずです。ただし、いまはまだ積雪期なので天生峠への国道も閉鎖中でしょう。今なら猿ヶ馬場へは白川郷から帰雲山経由でしょうね。行かれるなら、お気をつけて。(^^)/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2012-07-23 17:46 | 両白・北陸・飛騨 | Trackback | Comments(9)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31