両白・北陸・飛騨

【白山/平瀬道~東面台地】ポポンタツアーのトレースを追ってグルリンポン

c0097754_2134633.jpg
 なんでも南の海には台風がいてるらしい。そいつのせいでそろそろ梅雨に入りそうな気配。それまでに気になってる山に行っておきたいなあ…
などと思っているところへ、珍しくT女からメールが携帯に。「もう雪の山にはいかないの?」
 あれー! そそらせてくれるやないの(@_@;)
 行こうか、面倒やしやめとこか…? 梅雨の空みたいな心境にカツが入り、一変! やっぱ行くしかないがな~(^O^)/

 狙い目エリアはここ数年の懸案調査対象である白山東面からのアタック。とは言ってもヤブコギ精鋭の北部方面ヘン隊の方々のように、マナコだのヤケスベリだのといった軟体動物か妖怪まがいな名前の冥界へはよう行かん。(>_<)
 で、思い浮かんだのが、確か3年前、ツアコンの両腕に捉まってT女、Y女が雪遊びされた大倉尾根からの東面台地詣りだ。これなら行き当たりばったりだってなんとかなるんじゃおまへんか?

 いや、そんな甘いもんではないかも知れん。が、正直なところ、白水湖(大白川ダム)ってところへすら行ったことがないのである。東面台地へ到達できなくとも、そのコバルトブルーだかエメラルドグリーンだか知らないが、えも言われぬ色合いの湖面を眺めるだけでも後世への土産になるではないか。
 なにより、この湖で硫黄化合物を食らって唯一生存しているという生物「ウグイ」様にもしも出会えるなら、そんな光栄なことはない。

【 日 付 】2012年6月7日(木)、8日(金)
【 山 域 】白山 

【メンバー】ひとり
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】
  7日=白水湖~大倉山避難小屋~東面台地~転法輪谷~御前峰の肩~大倉山避難小屋
  8日=避難小屋~白水湖(周辺散策)





 初めてのエリアは時間の余裕がないとアセル。で、今回はどうしようかな? と思っていたら、お誂え向きに避難小屋があるではないですか。ここを基地にすれば東面台地でゆっくり遊べそうだ。そういうわけで、日帰りタンポポツアーを一泊温泉旅行にリセットする。

 平日で深夜割引しか使えない高速をなんとか乗り切り、白水湖の畔に着いたのは6時前。どこが登山口かも分からないので案内板を覗いたりしていたら、車がやってきた。運転の女性に聞けばトイレのある駐車場の上の休憩舎があるところが平瀬道の取り付きらしい。
 移動して仕度していると、声をかけられた。「ビワコさんでは…?」
 ええっ…、誰だったかなあ? 
 なんと、これまで2度も偶然山中でお会いした方ではないか(@_@;) 2度あることは3度あるっていうけど…。他に登山者もいない平日に、よくもバッタリするもんだと不思議な思いに捉われる。
 下山を急ぐ彼女には先に行ってもらう。

c0097754_2175524.jpg
6:40
 整備された登山路は歩き易い。マップには避難小屋まで3時間とあるけど、ネットのレポでは2時間が多かった。その真ん中で2時間半くらいかな?
などと勝手に推測してみるが、なんの根拠もない。5月の台高では市販地図のタイムより遅かったし…。若者の2倍、赤線タイムの1.5倍くらい見とくのが妥当なんだろう。

c0097754_21104667.jpg
 初めてのこの尾根道は最初からブナの回廊で、新緑が陽射しを遮ってくれる。
 白水湖の対岸には南白山からの尾根。どれが焼滑やろ…? 尾根へ向かっていくつも白い谷が延びているが、どれも普通の人間なら登るようなフィールドではない。
 今度は右手の樹間に覗く山。三方崩山だ(と思っていたら、あとで奥三方山との指摘があった)。昨年、中宮道から見たのとは少し角度が違う。こちらの方がやさしく見えたのは逆光気味で崩壊地が目立たなかったからかも?

c0097754_2113477.jpg
 一部崩れた急な登山路をクリアするとco1990で残雪の壁。ここからは登山路が残雪で分断されているが、先行者の踏み跡があり迷うことはない。
 眺望抜群の稜線。三方崩山から左に延びる尾根の行き先は間名古の頭。前方には剣ヶ峰と御前峰が並ぶ。大倉山のピークは通過点の感じで存在感がない。左にはずっと南白山の尾根が見えている。

c0097754_2114405.jpg
 おっとっと…、見とれてたらあかんがな(@_@;) 東面台地へのルートを確認しとかな!
 尾根の北側の溶岩台地には、直ぐ下の大白水谷から転法輪谷、小白水谷…とシワのように尾根と谷が横たわる。ツアコンレポでは、避難小屋の先から大白水谷ヘ下り、二股から尾根越えして転法輪谷へでて、さらにその左岸の尾根から・2188へ出ている。
 大倉尾根から見ると二股の右俣はかなり斜度がありそうだが、行ってみないと実際は分からない。だいたいの地形を頭に入れておく。
c0097754_2116973.jpg
 大倉山のピークには寄らないまま避難小屋に到着。時計を見ると9:40。丁度3時間掛かっている。休憩に写真撮り時間込みやから、まあ、こんなもんか(~o~)
 あまりに暗いので西と北側の雨戸を開ける。しっかりしたアルミ合金のステーで固定できるようになっている。

c0097754_21172470.jpg
10:10
 さあ、ここからが今回のメインイベントなのだ。小休止後、ナップザックに雨具と水、昼食だけ入れて小屋を出る。
 小屋の先はササの北側斜面が雪に埋まり、そのまま谷筋へ下れそうだ。ルンルンで進んで行くと傾斜がきつくなる。こりゃちょっとヤバそう(@_@;) ってことで左へトラバース。やや上流から大白水谷へ降りる。あとは二股まで雪の谷筋を下るだけ。さてその二股はどこや?(実は下ったところも二股なんです。)
 上から見ていた地形で判断して、それらしい二股を右俣ヘ。そのまま上に向かい、適当なところから右手の尾根を越える。見れば大きな尾根が張り出してきているが、これを登るわけではなさそうだ。
 その尾根を右手から迂回するように水平移動。少し登ると目の前に広い大地が広がる。そうだった、ツアコンレポにも転法輪谷は平坦だと書いてあったなあ…。
c0097754_2119693.jpg
 見上げるとドラミちゃんみたいな山がこちらを見下ろしている。co2120のポコだ。あれを越えないと東面台地の頂点には届かない。

 それにしても、この胸の動悸はなんだろう。小屋までは何ともなかったのに、軽荷になって調子に乗り過ぎたのかな? 心拍が早くなるのは構わないのだが、モールス信号か酔っ払いの千鳥足みたいにピッチが一定しない。点火プラグが一本イカレたエンジンみたいなもんである。
 どうも気分がよろしくない。とは言え、これは初めての症状ではない。思い起こせば、滝波山リベンジの帰路、穴毛谷リベンジの帰路、台高テント泊の時も現われた症状だ。つまり、何らかの危険信号なのだ。なので、心配はいらない。休めば治るのだ。
 今日の場合は、前夜の寝不足とシャリバテ気味、水分不足などが原因だろう。雪から顔を出しているダケカンバの株をベンチに一服する。まだ11時過ぎでちと早いが助六寿司で昼食。胃が縮んでいるからなのか全部は食べきれない。
 急ぐことはない。空は青空。とりあえず3年前にポポンタツアーの三人が行った・2188までは行けたらいいか…。

c0097754_21202176.jpg
12:05
 20分ほどの昼寝と合わせ約1時間のランチタイム。12時を回ったので目的地へ向かう。ちょっと楽になったが、ゆっくり進む。直ぐにドラミちゃんの顔の下にやってきた。両手を広げたような木が出迎えてくれる。「ようこそここまで!(^^)!」と言ってくれてるのか、「OH NO! ここはアンタの来るところやおまへんで~(@_@;)」と言ってるのか…?
 正面はキツそうなので右から巻くように登っていく。アイゼンにピッケルを持ってきて良かった。雪は軟らかいのでピッケルをグサリと突き刺し一歩二歩、グサリ、一歩二歩…この繰り返しでドラミちゃんのオデコを越えると、最終段の登りだ。
 きついけど距離は知れてる。あと200歩と読んで下だけ向いて登り続けると、目の前にクレバス! と思ったら最上段の岩と残雪の隙間だった。これはとても渡れない(>_<)。 仕方ないので右へトラバース。前方は見えないので絶壁だったらどうしよう? と慎重に進むが心配無用。うまく回り込んで台地へ飛び出した。13:25。
c0097754_2123048.jpg
 水分補給して、残りの助六寿司を食べる。すっかり体調はよくなり、食欲も戻ってきた。前方には屏風のように御前峰と剣ヶ峰が聳え、右手には大汝峰の頂も目に入る。直ぐにでも走って行けるような錯覚に捉われる。

13:40
 さてと…。一応、ここで目標は達成だ。引き返してもいいけど、どうしよう…。などと、頭では考えているのだが、休憩を終えた足はすでに前に踏みだしている。
c0097754_21242798.jpg
 右手へ大きく振ってヒルバオ雪渓経由で山頂というのは、まず時間的に無理。選択肢は目の前の小カンクラ雪渓か転法輪谷の雪渓かの二つ。その分岐点が近づいてくる。右は細くて急な小カンクラ雪渓。左は広くてやや緩斜面に見える転法輪谷。ここは冒険無しで行こう。ちょっと躊躇したものの理性(?)が勝って左を選択する。
c0097754_21263211.jpg
 谷へは下りず、左岸の斜面をヘツルように進む。凍結していたらこんな歩き方はできないだろう。最後の斜面をピッケルにすがるようにして登り切り御前峰の肩に出る。・2188から1時間半。空身のせいか思ったより楽に登れた。

c0097754_21272122.jpg
15:05
 右手に聳える御前峰をピストンしてもよかったのだが、「本日ここまで!」と言い聞かせ、前方のハイマツ台地を見下ろす。室堂からの道と南竜馬場から別山への登山路との分岐が雪とハイマツの隙間に見える。あとは平瀬道の登山路を下るだけだ。
 雪が切れたところでアイゼンを外す。ところが、それ以後も9割がた雪の上だった。避難小屋まで1時間余。室内にはもちろん誰もいない。が、よく見るとザックの横に登山口で出会ったKさんの美味しいお土産が置いてあった。ご馳走さま~!(^^)!

c0097754_212927100.jpg
 翌日は5時起き。別に急ぐことはないのだが…。6時前に日帰りの単独男性が入り口を開ける。早や! 上の雪の状況を伝えて「気を付けてね~」。
 やっぱり、上へ行ってみようかな?と、またイロケが首をもたげる。しかし、大丈夫。足が動かない。(@_@;)
 山頂は眺めるだけだ。今日もいいお天気。風もない。別山だけに掛かっていた雲ももうすぐ晴れそうだ。花でも愛でながらのんびり下りましょう。
c0097754_21303810.jpg
c0097754_21313236.jpg
c0097754_21321278.jpg

 7時半に小屋を出て登山口に9時10分。さっそく露天風呂へ。タップリ温まったあとはロッジでアワワ500円を大奮発。うまいなあ!(^^)!
c0097754_21342436.jpg
 そのままハンドルは握れないので、白水湖調査?に出掛けることにする。水だけ持って左岸の林道を歩く。地獄谷に沿う林道は40分ほどで終点。ここからは沢歩きとなるのでUターンする。ふ~たん編隊はここを遡って冥界まで行ったのか…(@_@;) 危なく踏みとどまった。

c0097754_21335045.jpg
 湖畔の帰り道、下の湖面を見ると何かが蠢いてる。なんだ、ありゃ? どうやらサカナのようだ。2、30㎝くらいのサカナがユラユラと岸辺を彷徨っている。このヨッパライ魚がウグイ? 硫黄酸化物の湖水を強かに生き延びる勇猛果敢なイキモノイメージがやや崩れてはしまったが、会えてよかった、ウグイくん。人はみかけによらないというけど、サカナも外観だけで判断してはいけないのだろう。

c0097754_21361280.jpg 駐車場に戻り、白水の滝を見に行ってから帰路につく。初めての白水湖はいろんな出会いがあった。またあの露天風呂に入りに行こう。
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/18169134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 武くん at 2012-07-01 12:38 x
「ちょいアブ」レポですか……。

『つまり、何らかの危険信号なのだ。なので、心配はいらない。休めば治るのだ。』
って、まるで「東電レポ」「安全神話レポ」のような臭いを感じてしまうのですが……。
あのカワセミ色の杖いやツルハシ、いやピッケルが活躍してそうですね。
今年は、三の窓くらいで、ピッケルストップの練習でもいきましょうか?
(笑)
Commented by biwaco06 at 2012-07-02 12:15
武くん~
大飯でも何回も警報が鳴ってるでしょう。そのうちオオカミ警報扱いになったころ、本物が現れるんです。その時はもう…(@_@;)
カワセミピッケル、大活躍でしたで~(^^)/ 長次郎の時もあれがあればもっと安心できたかも?と思います。
こちらは安全神話でなく、安全神器ですけど。
三の窓雪渓、ぜひ連れてってちょうだい~(^^)/
Commented by 白山 at 2013-06-10 11:57 x
こんにちは(*゚▽゚*)
白山室堂で一緒だった者です。
昨年も来られていたのですね(*゚▽゚*)
予定通り縦走をして無事に下山しました。
おいしい飴と昆布巻き、ありがとうございました。
昆布巻きは大倉山避難小屋でいただきました。
大倉山避難小屋の倉庫にホウキが入っていたので沢山の虫やゴミなど掃き出しました(*´▽`*)窓が締切で真っ暗でしたが夜は外に出れば星空がとってもきれいでした。
Commented by biwaco06 at 2013-06-10 15:48
ワオッ! 白山さん、こんにちは~!(^^)!
さっそく、訪問ありがとうございました。室堂では気を使わせてしまわないかと心配でしたが、無駄話にお付き合い、ありがとうございました。
予定外の宿泊だったのでお礼するものを何も持ち合わせておらず、押し付けみたいでごめんなさい。
それより、下山後の白水湖畔で仮眠していたら夕立がきました。縦走路では大丈夫でしたか?
大倉山避難小屋にホウキ入ってましたか。6日の下山時にはまだなかったのですが…。窓の外扉は外から開けられますよ。
三ノ峰の小屋は同宿者ありましたか? 
今回のレポ、ヤブコギネットにアップしました。よければ覗いてみて下さい。
Commented by 白山 at 2013-06-10 22:40 x
いえいえ、こちらこそ、次の日からの縦走の準備で慌ただしくしていてすいませんでした( ^ω^;)
縦走路では2日間、雹、雷、大雨に長い間遭いました(;´Д`)
雷がなっている間は樹林帯に逃げ込み姿勢を低くしてじっとしていました。縦走路ではあまり逃げ場がないため危険でした。
大倉山避難小屋の倉庫のホウキはずっと前からおきっぱなしな感じでした。
窓の扉は開けたくて何度か見てみたのですが開けられないように固定されている感じでした。誰かが開けっ放しにして雪が入らないようにするためでしょうか。南竜の休憩所は誰かがドアを開け放して行った為、雪が内部に入り込みドアが締まらない状態でした。
三ノ峰避難小屋には誰もいなかったです( ^ω^)
とてもきれいな小屋なのでまた泊まりたいと思いました♪
ヤブコギネット見ました☆彡
また見に来ますね~(*´▽`*)♪


Commented by 白山 at 2013-06-10 22:51 x
そういえば、剣ヶ峰の写真にはパソコン上で見ても複数の登山者がいますか?(;´Д`)
ズームにしてもいますか?(゚o゚;;
Commented by biwaco06 at 2013-06-11 21:00
白山ちゃん、こんばんは~
縦走、大変だったんですね。(@_@。無事でなによりでした。
大倉山避難小屋の雨戸は金属のステーでひさし状に持ち上げて固定します。私も昨年、どうやって開けるのか頭を悩ませました。(@_@;)
剣ヶ峰の画像、PCでよく見たのですが、残念ながら「浮遊霊」も「自縛霊もは発見できませんでした。(^.^)/~~~
なぜか白山さんも写ってません。メールADが分かればお送りしますよ~(^_-)
Commented at 2013-06-11 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by biwaco06 at 2013-06-12 14:56
白山ちゃん、まいど~
剣ヶ峰の画像送りました。デジカメ封印人物が発見できたらいいね~(^^)/
それにしてもじつに不思議だ…。
大倉山小屋の雨戸の開け方、分かるかな?

先日の白山レポ、そのうちブログにもアップします。
では、またブログやヤブコギネットに遊びに来てくださいマセ~m(__)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2012-06-30 21:39 | 両白・北陸・飛騨 | Trackback | Comments(9)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31