美濃・奥越・湖北

春休みの宿題は新学期までに…/雷倉は植林と林道のヤブ山

 
c0097754_16283278.jpg
雷倉からの花房山

【 日 付 】2012年4月19日(木)
【 山 域 】奥美濃/雷倉 

【メンバー】単独
【 天 候 】晴れのち曇り
【 ルート 】藤橋城-小曽谷出合(駐車)-尾蔵谷右岸尾根-co970jct-co1080郡界尾根-雷倉1168.6p-co970jct-・868-co820尾根分岐-co680林道出合-co300工事現場-駐車地

 3月、花房山から雷倉へ縦走し、西の未踏尾根から周回しよう…などと無謀なプランをたてて、見事に挫折させられた。あれから1ヵ月、今年は雷倉は眺めただけでおしまいかな? と思っていた。
 しかし、やっぱり宿題を残して新学期は迎えられんなあ…。ってわけで、周回は無理でも予定してた尾根を歩いて見ることにする。

 その尾根とは、尾蔵谷の右岸尾根。花房山から眺めたら植林だらけで面白そうではなかったのだが、なぜかネットで登高記録を探しても出てこない。それは何か理由があるんでは? と、気になって仕方なかったのだ。
 理由は行ってみてわかったような気がする。まあ、取り敢えず、アルイタキロク(?どっかのパクリ…)をアップしてみよう。

 なんせ、ほとんど情報もない、初めての尾根である。「尾蔵谷林道からなら1時間半で登れる」なんて話もあるが、信じていいのかどうか…。尾根下部にはもう雪はないだろうが上の方はどうなってるのか分からない。従って、アイゼン、ピッケル、ワカンを準備。行動優先でガスコンロなどは無し。ツエルトにヘッデン、防寒衣類も詰め込む。こんだけ入れときゃ、なんかあっても大丈夫やろ。
 とは言っても重さは知れてる。あとは飲料と弁当くらいなもんだ。





c0097754_16313256.jpg
 05:40 藤橋城。オニギリの朝食のあとトイレ。ドングリ橋を渡り、3月には積雪で通れなかった揖斐川左岸の林道を進む。右の尾蔵谷林道へ入り橋を渡る。このままでもいいのだが、下山の予定地は隣りの小曽谷右岸。引き返えして揖斐川沿いの道で小曽谷へ。大規模な土砂埋め立て地。下山予定の小曽谷右岸を見に行く。平日なので仕事が始まるとダンプが入ってきそうだ。戻って谷の入り口の広くなった道路の端っこに駐車。

c0097754_1634453.jpg
 06:30 小曽谷の左岸は薄いヤブで、南東に登ればそのまま尾根に繋がりそう。結構な急登だが雑木につかまりながら高度を稼ぐ。傾斜は緩くなったりきつくなったり…。ヤブといってもササが無く、葉を付けているのもシャクナゲくらいで、助かる。ただ雪に埋もれていた雑木の枝が芽を吹き始め、頭を起こして前進を阻んでくれるから困る。(>_<)

c0097754_163526.jpg 08:00 やっと真東に延びる尾根の頭△698.1に出た。このピークには名前が付いているんだろうか? 北側には徳山湖、反対の南には尾蔵谷を挟んで花房山から雷倉への稜線がクッキリ。思ったよりいい尾根やんか!(^^)! 南側は植林だが北側は明るいブナの林。この違和感を楽しみ(?)ながら、いったん緩やかに下り、また緩やかに登り返す。
c0097754_1636481.jpg 下りながらふと右手を見ると…、道がある。登山道でなくてどう見ても林道だ。なんで? こんな道は地形図にもない。どこから上がってきたんだ? co640mの鞍部は林道との合流点だった。どうやら尾蔵谷のどこかから延びているのだろう。ここからは林道を右に見ながら、尾根芯に拘って歩く。


c0097754_16364058.jpg おひねりブナがあったり、残り雪に出会ったり…。こんなピンクリボンまで現われはじめた。
 登山口方向を見下ろす。高架のR417が山襞にへばりついている。その奥は五蛇池や蕎麦粒山の山塊だろう。






c0097754_16373821.jpg
c0097754_16383060.jpg 08:45 co770あたりで伐採斜面の北寄りに登っていくと、いきなり林道へ出てしまった。なんだこれ? 林道がどこまで続くのか歩いてみることにする。下からS字を書くようにいったん右から左へ回り込み尾根の北側を巻いて行く。とっころが尾根との壁がだんだん高くなり、このままでは尾根に取り付けなくなりそう。小さなルンゼからもう一度尾根芯に復帰。左下を見ると、まだしつこく林道が付いてくる。右手の花房山が凛々しい。
 co900付近からヤブが濃くなる。それにしても雪はすっかり融けてしまった。道型ははっきりしているから、伸び始めたブッシュを掻い潜りながら進む。さすがにco960を越えるあたりから残雪が多くなり、雪田を出たり入ったりの登高。ヤブ寄りは助かる。
 09:55 co1010mに。北西からの枝尾根との合流点だ。帰りはこの尾根を下ろうと思ってはいるのだが…?


c0097754_164001.jpg
 10:25 co1080m郡界尾根のjctピーク。ここまで来たらゴールは近い。能郷白山や奥美濃の山々の展望を楽しみながら緩やかに登る。花房山から雷倉への稜線がますます近づく。3月に断念したルートだ。結局今季は周回はできなかったけど、雷倉から下山に使おうと思っていたルートは登ってこれた。
 最後は平坦な山頂台地。山頂は一番南の端っこだ。
c0097754_16404217.jpg
 11:15 長い山頂ブナ回廊を歩き、目の前のタンポが大きくなってきたら山頂に到達。小さな山名標示板がヤブに埋もれそうだ。風もほとんどなく時間もたっぷりある。今日は余裕のランチができそうだ。
 山頂の西斜面から花房山を眺めながらの店開き。最近のお昼の定番、助六寿司とテルモスお茶。もちろんアワワは欠かせない。

c0097754_16413363.jpg
 12:00 ランチを終え、回りの山のラインナップを見渡したら、予定通り出発。ちぃっと早すぎたかな? 歩きはじめると心臓がドキドキバクバク。(@_@;)まだAlcも毒素が残ってる。山頂台地を越えたところで15分の追加休憩。左に延びる郡界尾根が一望。歩いてみたくなるような食指をそそる尾根だが、尾根に入り込んだら帰れなくなる。

c0097754_1647325.jpg 13:20 郡界尾根はスルーして、真っ直ぐ下って往路との分岐へ。ヤブの中なのでわかりにくいが、往路と逆のやや右寄りに下る。真ん中が窪んで複雑な地形で迷いそうになる。・868の平坦な尾根に出ればいいのだが、杉とブッシュに隠れて尾根の分岐が見えない。なんどか行き来してやっと尾根への入り口を見つける。わかってしまえばなんで迷いそうになったか不思議なくらいの単純な尾根なんだが…。
 ダラダラと濃くなったり薄くなったりのヤブ尾根を進むが、ちっとも高度は稼げない。いつからか尾根芯にピンクリボンと足元のオレンジ杭が続く。なんの印かわからないが、ピンクリボンは結果的には最後まで案内してくれた。

c0097754_1645858.jpg 14:30 さすがにこの時刻になると「もう迷ってはおれんゾ…」と神経を集中する。GPSでルートと現在地確認。あれー? 電源が切れてる。(@_@;) 最近、「俺魂くん」の調子がヘンなのだ。再度ONに。最近の山行は下りでのトラブルが続いている。まだ時間は早いとはいえ、前科者? にとっては不安材料として十分なアクシデントなのだ。
 電源スウィッチを入れ直すと現在地は示したが、平坦尾根の途中からトラックが切れている。ヤブで衛星をロストしたから落ちたんかなあ?
 オレンジ杭№59のところから左寄りへ。直ぐに林道に出会うはずだ。ヤブがひどそうなら林道を歩こうかなあ…と弱気になりながら20分ほどで尾根を横切る林道に出る。


 
c0097754_16485080.jpg
一休みして、植林の尾根を見ると、ヤブは無く歩きやすそうな感じ。それならこのまま…と真っ直ぐ下る。このブレ具合がいい結果を生む時ばかりならいいのだが…。(-。-)y-゜゜゜

c0097754_16493139.jpg
 判断は正解だった。このあとは難しいところもなく、どんどん下っていくと下から工事現場の音が聞こえてくる。今回はなんとか無事帰還できそうだな。
 アリゲーターの木のところから左寄りに下ると、朝確認した資材置き場のところへピンポイントで帰還。

 15:45 さらに歩いて5分で駐車地へ。

c0097754_16501135.jpg 結局のところ、ワカンもアイゼンも不要だった。もちろんツエルトもヘッデンも。ピッケルは杖代わりで役に立ったのだが…。
 装備を決めるのは難しい。持ちすぎれば重くなるだけだし、使わないからといって省けば不安になるし。
 ん? アワワを省けばいい? それって…、山が味気なるだけやんか(>_<)
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/17860464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Chika at 2012-04-26 16:37 x
ピッケル・アイゼンがただのお荷物だった場合はガックリきます。
ヘッデン・ツェルトの場合はヨカッタネで済ませます。
アワワが無ければ・・・ソレは山ではありません(`o´;)ノ
って、最近ちーーっとも山いってません(涙
雷倉ですかー、、タヌさまに引っ張ってってもらわない限り、一生足を踏み入れることはなさそうです^^;
Commented by biwaco06 at 2012-04-26 21:35
chikaちゃん~
スキーやロープにばかりすがってないで、自分の足で歩いてね~(^_-) 雪のない山は拍子抜けでしたが、それもまた良し♪
GWにkitaさんと台高へテント泊を計画してます。ヒマなら(ワイン担いで)おいで~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2012-04-22 17:16 | 美濃・奥越・湖北 | Trackback | Comments(2)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31