中央アルプス

快晴の木曽駒ヶ岳でツエルト初体験のはずだった…

c0097754_2319208.jpg
【 日 付 】2011年9月7日(水)~9日(金)
【 山 域 】中ア/木曽駒ヶ岳 

【メンバー】単独
【 天 候 】晴れ~風雨
【 ルート 】第1日(7日)=福島Bコース登山口(スキー場跡)8:30~渡渉地点9:20~力水10:20~12:50七合目避難小屋13:45~14:50麦草岳15:30~16:10七合目避難小屋


台風12号が奈良や和歌山に大雨を降らせて通り過ぎて行った。さあ、待ちに待った山だ山だ! 
天候不順の8月、ジッと我慢でプランを練っていたのは南アルプス。南部の聖岳~光岳ヘ飯田側からという美味しい計画だった。ところが…
なんと遠山郷から登山口の易老渡への林道が台風のせいで崩壊だって。(@_@;)
やむなく、行き先を変更。どうやら被害が少なそうな木曽駒ヶ岳方面にターゲットを切り替える。そう言えばS・Wさんのレポがあった。7合目避難小屋は快適らしい。木曽駒は未踏だし、これに決めよう!

木曽駒ヶ岳へのルートといえば、伊那谷側からロープウエーで千畳敷へ上がる観光ルートが一般的。これでは面白くないし、第一、フトコロが寒くなる。軽量化と軽料化を追求するものとしてはコンセプトにも反する。従っておのずと木曽側からのアプローチとなる。ルートはS・Wさんとはちょっと変えて、福島Bコースから。何年か前に閉鎖になった木曽駒高原スキー場が登山口だ。

ここで選択が迫られる。平日となれば高速料金を節約するには深夜割引(5割引き)を利用するしかない。ならば、①高速内で仮眠するか、②0~4時間に通過して登山口で仮眠するか、③あるいは未明に自宅出発の3択だ。なんともセコイ話なんだが、年金生活者の宿命なんである。
で、狭い車中泊より家で寝たほうが熟睡できるということで③を選択。3時に起きて深夜割時間帯の4時前に高速に乗る。
中津川からR19を北上し木曽福島の原野からスキー場跡へ。分かれ道がいっぱいあるが、福島Aコースへの分岐を左へ進み、なんとか登山口へ到着。正沢川の谷の向こうに中央アルプスの山並みがおいでおいでしている。
閉鎖されたレストハウスの駐車場跡に車を停め、出発準備。ここなら何台でも駐車可能だが、今日はわが愛車1台だけの独占状態だ。





c0097754_2320693.jpgc0097754_2321163.jpgc0097754_23213369.jpgc0097754_2322161.jpgc0097754_23224917.jpgc0097754_23251110.jpgc0097754_23254994.jpgc0097754_23265055.jpgc0097754_23274613.jpgc0097754_23293365.jpg仕度を済ませ出発。えーと、忘れ物はないかな? 200mほど進んでから車のロックが気になって引き返して確認。
車が通れそうな林道を進む。「かかり木危険」の表示。意味が分からんなあ?
車止めの鎖があり、さらに進むと林道終点。渡渉して登山路に入る。
渡渉地点から1時間で4合目半の力水。量は多くないが岩の隙間から清水が湧き出している。

一休みしてからシラビソの樹林の中の道を登る。5合目、6合目は樹林帯の通過点。気がつくと目の前に立派な小屋が現れた。7合目避難小屋だ。登山口から4時間余。まあまあのタイムだ。








小屋には誰もいない。1階の奥の一画にザックを降ろし、寝場所を決める。きれいな小屋だが、1階の床は土間との段差がない。土足厳禁で部屋の入り口に靴を脱ぐ。
さて、とにかく水を確保してきましょう。情報によると水場は8合目と、Aコースへのトラバ道の途中の2ヵ所とか。地図を見るとトラバ道のほうがが近そうだ。




で、ポリタンをサブザックに入れて水汲みに。いきなり崩壊地を横切る。10分ほどで水音がして沢に。清冽な水を2Lポリタンクと500mlペットボトルに詰めて引き返す。たぶん八合目よりこっちの方が近いだろうな…。
トラバ道からは西側に御岳、乗鞍の山並みが一望。ちょっと立ち止まって、眺めを楽しむ。台風一過の快晴だ。1ヵ月ぶりの山はやさしいなあ~!(^^)!










小屋に戻り、まだ14時前。空身で麦草岳ヘ行ってみることにする。小屋の上はjctになっていて、右は水汲みに行ったバイパス。左は駒ヶ岳方面への登山路。真ん中の踏み分け道が麦草への踏み分け道だ。小さい案内板もある。シラビソやナナカマドの樹林帯を抜けていくと青空に突き刺さるような大岩が現れる。あれが山頂かな? と思ったが、違った。地図にある駒石のようだ。これを回り込めば数分で山頂。立派な標識が立っている。



目の前に駒ヶ岳~宝剣岳の山容が。行ってみたいが今日はオアズケ。明日も晴れるだろう。
ところでS・Wさんはここからハイマツを漕いで木曽前岳を越え、玉ノ窪小屋経由で7合目小屋へ戻っている。よく見るとハイマツに隠れているが踏みつけ道が続いている。足元の落とし穴に気を付けて目の前の岩峰ヘ進んで見る。
ここからはいったん大きく下ってキレット状の鞍部から登り返し木曽前岳を越えなくてはならない。牙岩がそそり立っている。回りこめたら一周してこようかな? なんて助平心は一瞬にしてヒシャゲた。



戻ろう、戻ろう~。躊躇なくハイマツ迷路の隠し道を戻り麦草山頂でゆったり眺望を楽しむ。こんな好天はそうそう出会えるもんではない。ハイマツに覆われた緑の山腹は、歩くには地獄でも、眺めるにはやさしい桃源郷だ。

c0097754_23295797.jpg
c0097754_23321651.jpg
16時過ぎ、小屋へ。あとは晩飯食べて独り寝だけやな…。と思ったら、人の気配が! 小屋に入ると2階に男性2人組が陣取っておられる。一階の休憩スペースで一緒に夕食とし、話に花が咲く。愛知県からだそうだ。一人は山経験が長そうで、“夜も山話”が弾む。一人きりのほうがいいときもあるが、今日のように人っ子一人出会わなかった日は、こうして話し相手がいる夜のほうが嬉しいときもある。
同じルートを登り、明日も似たような計画なんだそうだ。

食後、外に出て夕景を眺める。御岳の左に陽が落ちる。きっと明日もいいお天気だろう。

(第2日につづく)
トラックバックURL : https://biwaco06.exblog.jp/tb/16913852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Chika at 2011-09-30 12:54 x
初日は何事もなく無事に終わったようですね!^^
でもタイトルの「だった」が気になりますやん!
だった、という事は「しなかった」ということかー
はたまた「できなかった」のかー
 わくわく♪
うっかりロープウェイで下山しちゃい、車の回収に困った~!とかの展開を期待してます☆
Commented by biwaco06 at 2011-10-01 23:06
Chikaサマ~
さっそくのコメ、ありがとさんです。なんだか強迫観念にとらわれて(あ、いえ、だれかの催促って意味じゃなくて…)追われるように初日分だけアップできました。天上楽園の2日目、晴天の霹靂の3日目…と、ドラマはこれからですよ(^_-)
車のキー? それは…
Commented by ヒイママ at 2011-10-06 21:28 x
biwacoさん、こんばんは。

快晴ですね! biwacoさんもまんま。(笑) ←お変わりなく♪

とっても感化されました。
で、私も山へ行くことにしました!谷川系の朝日岳。
今年の初秋山です。
単なる一般道ですが、久々の単独でちょっぴり緊張してます。

biwacoさんのように丁寧なレポは書けませんが
(いや~、レポが詳しいと、探している人にとっては本当に助かると思います。)
後日アップできたらと思ってます。またね。

…連休、どこか登られることと…♪ 楽しんでくださいね!
Commented by pana at 2011-10-07 12:02 x
木曽駒でしたか~
私は3年前に三ノ沢岳・宝剣岳・木曽駒ケ岳と歩きました。
ロープウエイ~下山はスキー場でした。
力水も飲みましたが、このコースを登るのはしんどそうと思いながら下山しました。
続きが楽しみですね。
Commented by biwaco06 at 2011-10-08 22:36
ヒイママちゃん~
山はやっぱりいいお天気でないとね~
ルンルンの木曽駒…のハズだったんですけどね…(@_@;)
3日目、晴天の霹靂って言葉、実感でした。

谷川の朝日岳ですか。そっちの山はほとんど縁がありませんが、2000m級の山は今が紅葉の見どころでしょうか?
女性の単独行は勇気が要りそうですが、お気をつけて~。
レポ楽しみにしてます。
Commented by biwaco06 at 2011-10-08 22:41
panaちゃん~
三ノ沢は行くつもりだったんです。2日目の予定に入れてたんです。なのになのに…
宝剣荷は登ってきました。てっぺんの岩は遠慮したけど。(@_@;)
スキー場跡からのコースは7合目小屋で泊まるならのんびり行けます。もうこの歳になるとハードな行程は命取りですね。日数をかけてものんびりのスケジュールでないと足も腰も膝も持ちませんわ。(^_-)
2日目以降、ぼちぼちアップしますね。
Commented by ふ~さん at 2011-11-08 06:25 x
一カ月ぶりの山というのに、何と日帰り山行にあらず・・・ですか。さすがチャレンジャー!?

山への復帰、おめでとさんです。
Commented by biwaco06 at 2011-11-10 23:23
ふ~さん、こんばんは(^O^)/
ツキイチ山行となると、つい遠くを選んでしまいます。身の程知らずなだけですワ(^_-)
11月はとりあえず近くのやまでも歩いてこようかな? もう晩秋と言うより初冬の山歩きですね。
仕事は手抜きして、山で心を癒してくださいマセ~(^o^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biwaco06 | 2011-09-30 00:10 | 中央アルプス | Trackback | Comments(8)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31