鈴鹿

【鈴鹿/雨乞岳】奥ノ畑はグリーンランド。新緑シャワーの西尾根を下る

c0097754_10151787.jpg
▲清水の頭から雨乞岳

【日付】2017年5月29日(月)
【山域】鈴鹿/雨乞岳

【ルート】岩ヶ谷林道案内板広場(駐車)~奥ノ畑分岐~清水の頭~雨乞岳~西尾根~千種街道(大シデ付近)~駐車地
【天候】晴れ
【同行者】単独


五月雨、五月晴れ…いずれも旧暦5月の季節言葉。その旧暦5月に入って好天が続く。
週末の降水確率は10%ほどで絶好の山日和だった。まさにサツキバレ!
が、梅雨でもないのにウジウジと過ごす毎日。これではいかん!と反省し一念発起、世間のみなさまはご精勤中のなか、コッソリ静寂の山へ出かけるのでありました。

なんとか決めた行き先は鈴鹿のなじみの山。近くの山となると目覚めるのも遅くなり、出遅れて7時を回ってしまった。
おまけに平日朝の道路事情は言わずと知れた渋滞! 通勤、営業のクルマ、農作業の農機が信号機近くに数珠つなぎ。
結果、登山口までいつもなら30,40分のところが3倍は懸かってしまったのでありました。

岩ヶ谷林道(千種街道)の入り口ゲートが開けてある。山仕事中なんだろう。平日やもんね…。
せっかくなんで入らせていただく。
じつは先日クルマをリセットした。2駆では雪道、ダート林道が心配なんで軽4駆にチェンジ。
その初めての林道走行ってことで、お試し安全運転なのだ。
まだまだ進めそうだが、5分ほど入った街道案内板広場に駐車。軽トラが1台停まっている。

c0097754_10062706.jpg
支度して歩き始めたのは9時過ぎ。
すっかり遅くなってしまい、夕刻までに帰って来られるのか心配になる。ヘッデンの有無を再確認しておく。
平坦な林道をぶらりぶらり。ちょっと坂道になるとノロノロ。
新緑シャワー癒し光線の蜂の巣乱射攻撃をまともに受けとめながら見上げれば、青い山々がモコモコ。梅雨入り前の五月の山は美しきかな。
いつものように桜地蔵さんにお参り。Dさんのお供えの栗羊羹は?と見渡すが、お参りには来られてないようだ。
参道(?)入り口にサクラならぬシャクナゲの木。前からあったかなあ? 残念ながら花蕾はついていない。
裏山の植林がきれいに手入れしてある。
c0097754_10065298.jpg
鉄板橋の先のトイレ付きのログハウス(?)は健在だ。
入口から覗く。屋根がプラ並板になり室内は明るく清潔。バーベキューセット(炉、網、炭)まで用意してある。
c0097754_10085789.jpg
蛇足ですが。ここのトイレは下の谷へダイレクト処理かと思っていた。でも確認してみるとプラスチックの受け桶が設けてある。その半分以上が埋まっている。だれが処理してるんやろ?
疑問は解けないままだが、ちょっと安心した。
c0097754_10083795.jpg
大峠への分岐を過ぎ、木橋を渡ると奥ノ畑分岐。
その先の蓮如さんの一夜小屋に立ち寄り、玄関横のベンチで一休み。
c0097754_10095096.jpg
奥ノ畑へはいつ来てもルートがハッキリしない。最初の渡渉後、踏み跡があっちこちに延びる。
まあ、どう進んでも最後は郡界尾根か雨乞岳にぶち当たるのだから、踏み跡らしきものを辿る。
どこからどこまでが奥ノ畑なのかも分らない。
疎林を抜けて牧場のように開けた平坦地に出ると、辺りはグリーン一色。
足元にはバイケイソウがまるでキャベツ畑のように。
c0097754_10132990.jpg
c0097754_10124833.jpg
▲ムシカリの白い花が満開

ランチは清水の頭がいいな、とやや早めに右手の斜面を駆け上がる。
窪んだ草地を登りきるとすぐ右手に清水の頭。
c0097754_10134944.jpg
c0097754_10144227.jpg
正午を15分ほど回っている。駐車地から3時間。この体力ならこんなもんやろ。
風も弱く、日差しは暑いくらい。上半身裸でも寒くはない。汗で濡れた衣類を干してランチタイム。
保冷剤で冷やしてあるアワワの栓を抜いて、まずは頑張ったカラダにご褒美! 
樹木はほとんどない草山の頂で、見晴らしは360度。綿向山、仙ヶ岳、鎌ヶ岳、御在所山、そしてこれから行く雨乞岳…と、鈴鹿中南部の山々をオカズにマッタリランチを楽しむ。
c0097754_10162556.jpg
▲綿向山

c0097754_10154802.jpg
▲鎌ヶ岳

c0097754_10173565.jpg
小1時間の休憩のあと、雨乞岳へ。
南雨乞岳からのササはまだまだ健在で、踏み跡を外すと大変なことになる。
ササの海、笹トンネルを平泳ぎに潜水術も駆使して山頂へ。
c0097754_10360084.jpg
先客はゼロ。隣の東雨乞岳にも人影は見当たらない。
まあ、月末の平日に山で遊んでるヒマ人などいない方が日本の経済にとっては有り難いんだろうなあ(@_@。
c0097754_10363584.jpg
▲鎌ヶ岳から御在所山

c0097754_10370319.jpg
▲雨乞池

14時を回ってるけど、あとは西尾根を下るだけだ。とは言っても、以前通った記憶がハッキリ蘇らない。
低いササ原を10分ほど下って樹林の尾根になると踏み跡がハッキリしてきた。
それでも2回ほどコースアウトしそうになりGPSで確認して修正。

c0097754_10374229.jpg
▲ササと新緑の中を下る

最後はco790mのタワから右のルンゼ状の斜面をズリズリと滑り降りて千種街道へ着地。「大シデ」の少し上流辺り。
c0097754_10390619.jpg
あと1時間ほどの林道歩きで、駐車地にはちょうど17時。

日の長い今の時期は有り難いものだ。ヘッデンのお出ましは無用だった。


[PR]
トラックバックURL : http://biwaco06.exblog.jp/tb/26710337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 武くん at 2017-06-03 11:31 x
おやおや、パジェロミニですか?
本格的に復帰の証ですねぇ(笑)

変わったと言えば、車だけでなく、「ランチ」の構図も変わりましたね。ご褒美間が溢れています。
ササ道をふみはずさないように……。
Commented by biwaco06 at 2017-06-08 16:19
ラフロード、雪道に備えて切り替えました。とは言っても、あと何年乗れることやら…(?_?)
今週(4日)も同じような山に行ってきました。そのうちアップしますので、また覗いてみてやってください。

ところで次の週末は? 11日(日)は都合でダメになりました。お天気もイマイチみたいですし…。3日(土)かほかの日はいかがでしょう?
Commented by 武くん at 2017-06-08 23:35 x
11日の件、了解しました。
天気は梅雨があけるまで、予定が立てにくいですねぇ。
by biwaco06 | 2017-06-03 11:04 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(3)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30