鈴鹿

【鈴鹿/雨乞岳】やはり途中撤退で納まりつかずの2016年山納め

c0097754_21071966.jpg
【日付】2016年12月31日(土)
【山域】鈴鹿/雨乞岳南尾根

【ルート/所要タイム】深山橋7:45=白倉谷林道=清水平谷二股8:20~p633/9:35~p743/10:20~co820/10:45~p966/12:00~13:20(撤退)~15:55二股=16:25深山橋
【天候】晴れ
【同行者】単独

2016年の山納めはどこにしようかなア…と考えているうちに大晦日になってしまった。
天気はマズマズのようだし、鈴鹿にでも出かけようか…。
スカイラインから雨乞岳あたりの地図を用意して夜明け前に家を出る。






c0097754_21083424.jpg
スカイラインの通行止めゲート確認のため時間を食って、起点の深山橋スタートは8時前になってしまった。
白倉谷林道は比較的平坦なのでケッターマシンを出動。
清水平谷との分岐まで漕いだり押したりで約30分。2年前に歩いた時の半分ほどで到着した。
c0097754_21091612.jpg
前回は分岐の真ん中の尾根を清水の頭から下ってきたが、今回は右手(清水平谷左岸)の尾根から・633へ出て、南尾根を雨乞岳までの計算。
橋を渡り谷の対岸を覗くと植林の中を登れそうな感じだ。おまけに谷へ降りる踏み跡まである。
帰りにお世話になるK・Mにはここで半日お休みいただくことにして、河原に降りる。
c0097754_21105420.jpg
植林の斜面は申し訳程度に雪が残っているだけ。1時間ほどかけて・633。
一休みして、今度は・743ピークへ。
ヤブもなく、数cmの雪を踏みながら稜線を進む。
左前方に樹間から南雨乞~清水の頭の稜線が覗く。その延長線上に綿向山も。
c0097754_21142931.jpg
c0097754_21154439.jpg
co820のピークを越えると東側の眺望も広がる。
雨乞岳から右に御在所岳~鎌ヶ岳~水沢岳と鈴鹿南部の稜線が続く。
高円山のアンテナ塔が目立つ。
近いとはいえ、こんなにクッキリと見える日は滅多にないかも。
c0097754_21171652.jpg
c0097754_21181070.jpg
c0097754_21232696.jpg
天上漫歩はいいけれど時間が…(@_@。
近づいてはいるが南雨乞のピークはまだまだ先だ。
あのピークから稜線を左に清水の頭へ回り込み、できれば大峠辺りまで行けたら…、なんてことを考えていたが、とんでもない。

急になった斜面を登りきると・966のピーク。ここには初めて標示があった。
c0097754_21251085.jpg
時刻を見ればちょうど12時。あと3時間くらいで周回できそうだが、ランチタイムを入れたら夕暮れになる。
アクシデントで山中で年越しなんてことになったら笑いごとで済まない。(@_@。
と、冷静な制御力と臆病風が足を止めてくれる。折も良く?雨乞岳の後ろからガスが湧いてきて青空を覆ってしまった。
今日はここまで。ランチしてリターンだ。
c0097754_21292096.jpg
風はほとんどないが、尾根の東側で御在所岳や鎌ヶ岳を眺めながら冬バージョンのラーメン鍋に点火。
あとは下るだけと思うとマッタリ気分に浸れて鍋もアワワも味わいが違う。
松の枝を額縁代わりに御在所岳を切り取ってみたりする。「鎌(釜)」を背景に「鍋」とは、これまた一趣あるではないか(^_-)
c0097754_21261443.jpg
c0097754_21273335.jpg
たっぷりのランチタイムを終え、腰を上げたのは13時20分。往路の足跡をトレースしながら引き返す。下写真はco820ピーク。
c0097754_21313978.jpg
ちょっとイロケを出して、・743の上のピークから西に張り出した尾根を下ってみる。清水平谷の林道の途中に降り立てるはず。
ちょっと降りたところに立派なブナが立っている。
c0097754_21330536.jpg
その先はかなりの急傾斜だ。覗きこんで臆病神からレッドカードが出た。素直に従う。来年の宿題にとっておこう。

靴跡を辿っていて同じ場所のはずなのにスマホGPSの軌跡はズレている。
地形を思い出しながら谷の渡渉地点(堰堤の上の平流部分)を確認し、対岸の林道へ。
往路の起点には、なんとか16時に間に合った。
c0097754_21343719.jpg
眠りこけてるK・Mをたたき起す。さあ、お前の出番やで~(^_-)
帰りは下りのほうが多いので30分もかからず深山橋の駐車地点へ。

最後の山も目的のピークは踏めず。今年を象徴するような山納めとなった次第。
はたして新年はどんな山行が待っていることやら…(?_?)


[PR]
トラックバックURL : http://biwaco06.exblog.jp/tb/26306091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pana at 2017-01-24 16:47 x
いい写真がとれていいですね。
雨乞の南尾根を下ったことがあるけど、登るのはしんどいでしょう。
清水平谷の林道は昔は奥まで入れたけど、最近は途中にゲートがあるのですね。またご一緒しましょう。それはそうと体調はいかがですか~
Commented by biwaco06 at 2017-01-24 18:02
panaちゃん、アケオメ~(^_-)

大河原橋の手前からは前に登ったので、ちょっとルートを変えてみましたが、思ったより時間がかかりました(体力の衰え?)
白倉谷林道はスカイラインの深山橋の先にゲートがあり車は入れません。自転車を漕いだり押したりして清水平谷との分岐(橋)まで行き、橋を渡った右手の河原に降りて対岸の植林斜面を登りました。

心房細動が完治しないので山納めは無理せず、この18日に4度目のアブレーション手術(焼灼術治療)をやりました。せっかく雪が来た!というのに、山もアワワも当分オアズケです。(゜o゜) 
様子を見て近くの残雪の山から歩けたら…と思っております。
まあ、術後の体調は順調なので、すぐ解禁になるでしょう(^^♪
また、ぜひご一緒ください。
by biwaco06 | 2017-01-09 21:50 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(2)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30