大阪・六甲

【六甲/年末合宿】六甲でヤブコギとは想定外じゃ有馬泉か!

c0097754_10494039.jpg

【 日 付 】2016年12月17日(土)~18日(日) 《1泊2日》
【 山 域 】六甲山系/最高峰~六甲保養所~有馬温泉

【 メンバー】山行き隊年末合宿/かめ、びわじぃ、え~やん、孝さん、境野、とも、ぶっち、よし、じゅん、恵子、今子、きみ(計12名)
【 天 候 】概ね晴れ
【 ル ー ト 】▶1日目:JR芦屋=水車谷登山口8:54 -- ごろごろ岳10:25 --奥池11:05 --11:40工事広場(ランチ)12:40--石宝殿13:20 ---13:50六甲山最高峰 14:10---極楽茶屋跡 ---六甲ガーデンテラス - 15:30保養所《歩行距離:12.8km、高低差:750m、歩行時間:6時間15分(休憩&昼食含む)》
 ▶2日目:保養所8:05--雲ヶ岩8:15---シラケ谷---茶園谷10:00---湯槽谷峠10:50---湯槽谷---紅葉谷11:30---12:05有馬温泉=JR三宮《歩行距離:6.4km、高低差:440m、歩行時間:4時間30分(休憩&昼食含む)》

もう「恒例」と言っていいだろう。年末の六甲お泊り山歩きへの参加は今回で4度目。地元のバドミントン仲間の山好きメンバーによる年末企画である。リーダーの会社の保養所を使えるのでリーズナブルに望年山行を楽しめる。
宿舎までのルートはお任せ。今回も芦屋っ娘の今子ちゃんが下見検分までしてコースプランニングしてくれたから、安心してついて行くだけなのだ。

第1日
JR芦屋駅からタクシーに分乗し水車谷登山口へ。ここから柿谷ルートをゴロゴロ岳へ向かう。案内表示も多い代わりに脇道も多い。下りは気をつけないと…。

c0097754_10505230.jpg
ゴロゴロ岳山頂付近は六甲最高峰が望める絶好の眺望地。と思ったら、豪華な別荘?が立入禁止のチェーンに囲まれていくつも建つ。あとで地図を見たら芦有ドライブウエーから山頂付近まで車道が延びている。なんや、あほらし…(@_@。
「565.6m」山頂の標示を見て「ゴロゴロ」に納得。そういえば鈴鹿にも宮指路(クシロ)岳946mってのがあったなあ。
c0097754_10530745.jpg
奥池に下り貯水池と自然池の水位は同じだろうか?などどうでもいいことを考えながら、池面を見ているとまるまると太った緋鯉がゆらりゆらり。よく見ると黒い真鯉もいる。やはりハデなほうが目立つんやな…となぜか納得。
(こいつら、なに食べて太ってるんやろ?)と、またもどうでもいい疑問に気を取られる。なんだかオゾマシイ言い伝え「奥池のコイ物語」でもありそうな…(゜o゜)
c0097754_10565398.jpg
両池の間の通路を通りドライブウエーを横断して熊笹峠へ。名前の通りササが多い。標柱に「この先 ハイキングロードなし」と。立派な切り開きはあるのに…???
登山路は左折。進みながら右手を見ればすぐ下の車道をクルマが走っている。なるほど。

先ほどからランチ場を探しながら進んでいる。日差しがあり、風がなく、座り込みやすくて、できたらトイレ付…、などというトンデモ要求を満たすような場所はあるわけがない!
と思っていたら、あった!!!
広~い資材置場のようなところ。腰掛けにちょうどいい松の木の丸太も転がっている。風も弱くて、「ここでええんちゃう!」
みればなんと、工事現場用の簡易トイレまでそろえてある。願ったりかなったり!求めるものは救われる。諦めないものにだけ結果はついてくる!

c0097754_10591356.jpg
1時間以上の大休止で新陳代謝を果たした一行は最高点をめざす。
頑なに車道を避けてトンネルもスルー、ヤブ道を苦にもせず、ひたすら歩き続けてやってきた一軒茶屋。
c0097754_18261164.jpg
ここを登れば六甲のテッペンが盗れる!と思ったのに、茶屋の甘酒の匂いに惑わされ、誰も動こうとしない。「何回も登ったしぃ…」「行ってもなんもないよ」。
なんだなんだ、その軟弱な言い訳は! ワシは行くぞ、続くものはおらんのか(?_?)
って、まだここのテッペン盗ったことないもんで、スミマセン(>_<)
歩き出すと、恵子ちゃんがついてきてくれた。よし&じゅんの2人も! おお、テッペン奪取の四天王だ。あるいは桃太郎か西遊記の三蔵法師?
c0097754_18273015.jpg
凍った舗装の坂道をよたよたと10分ほど登ると、そこは山頂大広場。人がワンサとたむろしている。
真ん中に標柱が立ち「六甲最高峰」と銘打ってある。周囲360度が見張らせる。モヤってはいるが瀬戸内海方面、宝塚方面、北の有馬は山陰に隠れてる。西側の白い建物群はどの町なんやろ?
テッペンで撮ったのは写真だけ。下ると一行が出発準備完了で待っている。ごめんごめん<m(__)m>
あとは六甲ガーデンテラスでワインをゲットし、宿舎へ一直線。

第2日

c0097754_11051861.jpg
昨夜の大騒ぎのせいか、やや寝苦しい夜が明ける。朝食をしっかり摂って、8時過ぎに宿舎を出る。
きょうはここから有馬温泉に下るのだが、ルート設定は亀隊長。用意された地図には、はっきりした線でルートが記されている。いったん谷を下り、登り返して峠を乗越し、有馬へ続く林道を下れば温か温泉へ到着~
という楽々コース――のはずだった。
c0097754_18100143.jpg
ところがそう簡単ではアリマせん。隊長によると、シラケ谷沿いは登山ルートがあるはずだった。なのに、雲ヶ岩を下り、チェーンを跨いで車道を左に外れた辺りからアヤシクなってきた。
c0097754_18113360.jpg
ササや灌木に掴まりながら半ば強引に谷筋を下るとスケルトン堰堤が出現。ちょっとヤバいところはロープも出してクリアする。
c0097754_18121407.jpg
c0097754_18160582.jpg

「シラケ谷」とは裏腹にシラケてる余裕はない。
コンクリート護岸の遊歩道を下って右岸へ渡り、奥山川ポンプ場の貯水池へ。さらに林道を下ると茶園谷との分岐だ。保養所から約2時間。ちょっとかかり過ぎで、お風呂の時間が気になる。

c0097754_18175217.jpg
今度は大型車でも通れそうな茶園谷林道を登り返す。分岐から左の横谷へ入ると、途端に道が荒れだす。雨水にえぐられた林道を迂回しながら踏み跡をたどって急登を登れば湯槽谷峠。
ここからは昨年下ったルートだ。思い出しながらどんどん下る。
c0097754_18200050.jpg
紅葉谷と合流すると、あとは林道を有馬へ下るだけだ。
c0097754_18211694.jpg
六甲でヤブコギとは思っても見なかったが、私的1年の締めくくりに山ノ神が用意してくれたシナリオだったのかも(^_-)


[PR]
トラックバックURL : http://biwaco06.exblog.jp/tb/26270942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 武くん at 2016-12-31 12:49 x
▼おやおや、楽しそうな山行ですねぇ。
思わぬ天界へ、いや展開となるところが「やっぱりねぇ…」とうちのヨメさんのいっとりました。「昨夜の大騒ぎ」を写真で見たいとも……。

なにはともあれ、来年こそはご一緒できることを願って、よいお年を!
Commented by biwaco06 at 2017-01-02 00:04
武くん~
そうなんです(゜o゜) 粛々と有馬へ下るはずだったのに、思わぬアドベンチャーワールドが待ち構えておりました。やはり、この世界からは今年も抜け出せそうにないなあ…、と金泉に浸かりながら瞑想してた次第。え?前夜の酩酊現場の証拠を出せって? それ、隊長のお許しが…(>_<)
by biwaco06 | 2016-12-27 18:31 | 大阪・六甲 | Trackback | Comments(2)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31