鈴鹿

【鈴鹿/霊仙への道】地形図に騙されてコザト北進はオアズケ

c0097754_23145465.jpg
▲リョウシから鍋尻山



【日付】2016年11月21日(月)
【山域】鈴鹿/コザト~リョウシ

【ルート】白谷橋8:20~林道~右岸への橋8:55~11:00コザト(霊山)11:40~リョウシ(霊祠)12:15~14:00白谷橋
【天候】晴れのち曇り
【同行者】単独

霊仙山と東側の県境尾根の間に小さな山塊がもう一つある。白谷と行者谷に挟まれたコザト▲829.9m(点名「霊山」)から霊仙山最高点へ続く尾根だ。
こんなマイナーなエリアに出かける登山者はそんなに多くはない。で、だから、行ってみたくもなる。
先日のソノド山行では、霊仙山までたどり着けなかったから、できれば最高点まで行って、谷山から県境尾根を下れたらいいな…などと、勝手な計算をしてみる。

時山から五僧峠を越えて、落石だらけの権現谷林道をソロリソロリと下り、保月への分岐を過ぎて間もなく白谷橋へ。
ネットのレポでは、橋の北詰から尾根に取り付き、リョウシ・722m(点名「霊祠」)からコザトへ向かうコース取りがほとんどだ。
しかし、この取付き斜面、半端な斜度ではない。今日は霊仙まで行きたいのだから、もっと短いルートはないものか?
そう思って、実は昨夜は地形図とニラメッコしていたのだ。
結果、白谷林道をもう少し入って、地図上で(!)林道が右岸に渡る橋のあたりに張り出している尾根からコザトへ直登するのはどうだ(?_?)という結論になった。






c0097754_23173473.jpg

林道入口の車止めはワープできそうだが、道路状態がわからないので車は分岐の橋の空きスペースまで。
路面は落ち葉と落石で覆われているものの、崩壊箇所も修復されていて、車で進めないほどではない。

c0097754_23182036.jpg


紅葉や黄葉を楽しみながら30分ほど歩くと古い石橋が見えてくる。
(これやな!)と一休みした後、上流側から左手の斜面に取り付く。
(これがとんでもない尾根だった!) 
根っこや枝をつかんで岩っぽい斜面を這いのぼる。
不整脈が治っていないのに、息が切れたら…と不安になってくる。

c0097754_23192442.jpg


co600mくらいの痩せた岩場のピークを越える手前、右側に岩窟を発見。
小さな谷状に落ちる源頭が岩穴になっている。
ちょっと立ち寄ってみるが、雨宿りやビバークにも使えそう。
だけど、こんなところへ来る者は滅多にいないだろうけど。

c0097754_23212480.jpg
c0097754_23215216.jpg

その後は傾斜が緩みなんとか進めそうだ。
やがて大きな岩が現れる。これがレポにあった分岐の目印岩だろう。

c0097754_23224744.jpg

右手に進むと平らな山頂へ。コザト(霊山)829.9の三角点柱を確認。
レポにあった黄色の山名プレートはどこにもない。

さてと…、霊仙への尾根は?と探してみるがはっきりしない。
それより、ここまでの急斜面登りで気力がかなり萎えてしまっている。

もう11時。ちょっと早いがランチにして、これからの作戦を練る。
取り付きの橋から2時間半もかかっている。
これから北尾根を霊仙まで行って周回するには時間が足りないかも…。
今回はリョウシ経由で、白谷橋へ下ってみよう。

c0097754_23310705.jpg

西へ向かう植林の中のカレンフェルトの尾根は、ゴロゴロと転がる石の上を進む。
まるで涸れ沢の河原歩き。
やや複雑な地形だ。このところコースアウトばかりしているのでGPSで確認しながらリョウシ標高点・722をめざす。

c0097754_23254580.jpg

シダのダイラ地形で左折。苔むした岩が庭園を形作るリョウシ山頂。
背景に鍋尻山が近い。

c0097754_23310705.jpg

リョウシからの尾根は問題なく下る。
最後の核心部はco480mあたりから100mの激下りだ。
木の枝にすがりながら一汗かいて橋の横に降り立つ。

c0097754_23265335.jpg
コザトからの北進はいつリベンジできるのだろう。


PS/地形図にちょっと騙された話。
後日、GPSの軌跡を見て驚いた。
白谷林道からの取付き点は、右岸に渡った橋の北詰のはずなのに、ロゴではそのずいぶん手前から斜面に取り付いている。
これって、どういうこと?
つまり、地図上の橋の位置が間違っているということなんだろう。
co500~600mの急斜面の理由がやっとわかった。ひとつ西の崖状の尾根を登っていたのだ。(@_@。
地形図もアテにならないってことを再認識させられた。


[PR]
トラックバックURL : http://biwaco06.exblog.jp/tb/26192005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 武くん at 2016-12-02 00:59 x
おやおや、HPのデザインが変わりましたね。
「ソノドの語源」や日没後の行動など、もう完全復帰を感じさせるようなレポのあと、動きがないなあと思っていましたが………。写真がシャープになりましたねぇ。
「うっかり蜂べえ」の水練風景にはうちのヨメさん(他にはいません)と大笑いしました。

その後、ヨメさん曰く。「枯れ木についていたのはホントに『ナメタケ』だったのかなぁ。またしばらくHPの更新を見ないときは、これだよねきっと」だって。
Commented by biwaco06 at 2016-12-02 10:10
武くん~
おコメ、ありがとさん(^^♪
血液ポンプを刺激しないと、すぐサボタージュするから強制労働させてるんです。(@_@。
おかげで意識朦朧状態から脱しないとレポも書けません(>_<)
せめて見栄えだけでも…と、エキサイトさんオススメのデザインの中からチョイスさせてもらいました。

で、奥さまご心配のキノコですが、迷った挙句、2,3日後に胃を決して味噌汁の具として戴いたのですが、今もこうしてシャバの空気を吸わせてもらっております。
ありがたや~ヽ(^o^)丿
ところで、えらく冷え込んできたけど、御池のヨッパのハッチはどうしてるかなあ…(゜o゜)
by biwaco06 | 2016-11-27 00:06 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(2)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30