鈴鹿

【鈴鹿/御池岳】小春日和はゴロ谷から錦秋のテーブルランドへ

c0097754_18264368.jpg

【日付】2016年11月13日(日)
【山域/ルート】御池橋~ゴロ谷第4尾根~風池~伊勢尾~御池橋

【天候】晴れ、微風
【メンバー】単独
【コースタイム】御池橋7:25~ゴロ谷~第4尾根分岐8:20~10:10テーブル(風池)10:25~ボタンブチ~11:15p1182(ランチ)12:00~アザミ谷出合12:50~伊勢尾13:20~コースアウト(・896)~・806p14:30~14:55御池橋 

この日しかない!と思わせる快晴微風の小春日和予報。この秋、まだ行けてないゴロ谷に黄葉見物に行きましょう。
まだ明けきらぬ6時前、ワンコに餌をやって出発。
奥永源寺から君ヶ畑を越えて御池橋に7時過ぎ。橋の横の駐車スペースは資材置き場になっていて1台分しかないが、すでに先客が準備中。
もう少し先のスペースにも先客が支度中だが、登山者のよしみで詰めていただいた。
御池橋はゴロ谷や伊勢尾、T字尾根など御池岳への登山ルートの起点だが、林道の崩壊修復工事がおこなわれていて、工事車両や資材置き場のため一般車の駐車スペースが制限されている。工事車両が動く平日は駐車は不可能と思ったほうがいいかもしれない。






c0097754_18231945.jpg
河原に降りて右手のゴロ谷へ。黄葉の隙間から朝の日差しが眩しい。
ゴロ谷からテーブルランドへは数本の尾根があり、どこを登っても950mより上は急斜面を攀じ登ることになる。
これまで第2、第3の尾根は何回か使ったので今回はもう少し上流から登ってみよう。

地形図に・635の表記があるアザミ谷分岐が第1尾根。ここからは未踏なのでいつかチャレンジしてみたい。
白い石がゴロゴロした谷を挟んで左岸が第2尾根。次の谷を挟むのが第2、第3尾根。もう少し進む。

c0097754_20012074.jpg
目の前に壁のようにT字尾根が迫ってきた。入川して40分くらい。どうやらここが第4尾根の取付き点だろう。
一休みして着衣調整。
c0097754_20025911.jpg
c0097754_20042577.jpg
左手の谷の左岸に張り出す痩せた枝尾根に取り付く。
どの尾根もそうだが、ヤブはほとんどない。
右手にT字尾根の眺望がいい。逆光なのでちょっと見にくいが…。
立ち枯れの木にナメコがビッシリ。手が届く下のほうだけ、お土産に戴く。
c0097754_20051677.jpg
co850あたりから見上げると天狗の鼻とボタンブチがまん前に聳える。
あんなところへ突きあげたらエライことになるなあ…(@_@。
なんて心配は無用。地図どおり尾根は左にカーブしている。
・950mあたりでテーブルランド下の平坦部へ。
この先からco1150までは壁状の最後の急登だ。一息入れて、臨む。
c0097754_20094069.jpg
co1200等高線が凹んでいるところが風池。
最後は第3尾根からの見慣れた風景と合流し、喘ぎながら風池へ出る。10時15分。
御池橋から3時間足らず。今の自分にすれば上出来のタイムだ。

池の水は相変わらず少ない。そのうち単なるヌタ場に変わってしまうんだろうか?
杣人先生を偲んで池畔の石にパンを供え、山の安全を祈る。
先生、アンパンでなくて済みません。<m(__)m>

さて、これからどうしよう。
予報通りの晴天。風もなく汗で濡れた背中も気にならない陽気だ。パンをかじりながら思案。

c0097754_20105122.jpg
折角だからテーブルランドの様子を目に入れておこうと、ボタンブチ方面へ足を伸ばす。
天狗の鼻からゴロ谷を見下ろす。T字尾根やカーブする第4尾根が俯瞰できる。
後ろから鈴の音が聞こえ、登山者がやってきた。
ボタンブチには二人連れ。奥ノ平山の斜面にも人影がチラホラ。
それにしても錦秋シーズンの御池岳にしては人が少ない感じ。
お昼前になればワンサと集まってくるんだろうか?
そう思うと、早めに逃げ出そうとUターン。

丸山もパスしてco1200~1150のテーブルの縁を、枯れたシダをかき分けながら進む。
さすがにこのエリアは登山者も少ない。
丸池? 名前の通り丸い(^_-)
c0097754_20212454.jpg
このまんま誰にも出会わないか…と思ったら、単独男性が・1182ピークから降りてきた。
米原の人。立ち話に10分以上。ヤブコギサイトのPRもしておいた。
「夕陽のテラス」と呼ばれるビューポイントはもう少し西だろうが、まだ夕陽には早すぎる。
この展望台でランチにしましょう。

c0097754_20314136.jpg
ピークからはT字尾根や向かいの天狗堂~サンヤリの尾根の眺望がいい。
天狗堂の奥に日本コバ。綿向山~雨乞岳~御在所山のラインはモヤのベールでいやに遠く感じる。
その手前のポコは岳、不老堂、水木野だろうか? 
小春日和の春霞状態で遠方は視界が利かないのが残念だが、ぜいたくは言えない。

ゴロゴロと転がる石灰岩の一つに腰かけて、ザックを開封。
今日もいつもと変わらぬ省エネメニュー。助六寿司+なめこカップみそ汁+アワワ1缶。
軽量化のためガス調理具はやめて魔法瓶500mlのお湯ですます。
雪のシーズンになれば、これではちょっと寒すぎるだろうけど…。


閑話休題 ハチとハチ合わせ
アワワをいただきながら周りの景色に目とココロを奪われていたら、羽音ともに1匹のスズメバチが飛んできた。
こりゃ、ヤバイな(@_@。 
すると彼(彼女?)は頭上を旋回した後、置いていたアワワの飲み口にいきなり着地。
缶の縁を一巡し、プルタブの穴を覗いたかと思ったら缶の中へ侵入(滑落?)してしまった。
アッという間の出来事で、助六寿司を噛むのも忘れて唖然茫然(@_@。

c0097754_20282712.jpg
なかなか出てこないので缶の中を覗いてみる。いたいた! 
底に残ったアワワのプールで泳いでいる。というよりアルコール温泉につかり、いい気分なのかも~(*^_^*)
そういえば動きもやや緩慢だぞ…。

そろそろ出来上がったころ?と見計らって救出作戦に移る。
ハシを避難梯子代わりに突っ込むが、どうやら自力では這い上がって来れないみたい。
掴まらせておいて、そおっとハシを引き上げる。
やった!無事救出成功。

と思ったら羽をブルンブルンブルン! ネコのように前足で顔の周りを拭ったかと思ったら、ひょいと飛び上がる。
おっと、危ない! 一瞬、襲われるのかと身構えたが、ヨッパの彼にそんな元気はない。
ヨロヨロとダッチロール飛行のあげく、1mほど先の枯れ木に軟着陸し、陽光で羽を乾かしながら一休みのようだ。

c0097754_20300001.jpg
さすがというか、アワワには甘い添加物がいっぱいなんだろうか? 
香りにつられてか、まずやってきたのはアリさん。
木を伝って彼の傍までやってきたのだが、ハチに後ろ足で蹴飛ばされてあえなく退散。
次に来たのはカナブン。
こちらはブ~ンと上空から飛来し、近くに着陸。様子をうかがっていたが、なぜか直接対決は避け持久戦の様子だ。
最後に来たのはバッタ。
でも、この甘い香りの発生源がどこなのか理解できないようで、しきりに頭と触角を動かしながら探索している。

さて、缶の底に残ったアワワをどうしよう? まだ5分の1は残っている。
ハチの入浴でローヤルゼリーが融け込んでいたら元気のもとになるかも? 
でも、ハタラキ蜂の汗だったらいやだな…(@_@。
結局、少量なので自然に返すことに。
下山のため腰を上げて振りかえると、その一帯に彼らが集まってきていた。
鈴鹿の虫たちはアワワ好きが多いんだろうか?


帰路は伊勢尾経由。西のボタンブチってどのへんだったっけ? 
一昨年だったか鈴北岳から来た時はco1180のあたりだったような…。
はっきりしないまま、静かな尾根を下って行く。
この辺は初めて歩く。ヤブも全くなく、緩やかにアザミ谷との合流点へ向かう。
目の前に三角オニギリみたいな鈴ヶ岳の山容。Kさんは敢えてあんな急傾斜を登らはったんや!と感心する。

c0097754_20331580.jpg

c0097754_20341807.jpg
合流点からは谷を横切り、急斜面をトラバース。
斜面は小さな尾根状に波打っているのでつられて降りそうになる。
伊勢尾に乗るのに30分もかかってしまった。

c0097754_20360754.jpg
c0097754_20370310.jpg
伊勢尾は左手のテーブルランドと黄葉紅葉を眺めながらの快適な下りだ。
ところが好事魔多し(>_<) 標高点・894で何を勘違いしたのか方角が180度違う北西の尾根にコースアウト。
見知らぬ急下降に違和感を覚えGPSで確認して誤りに気づく。原因はいまだに思い浮かばない。
最近の山行では毎回コースアウトしている。いずれも30分以内で修復できているが、体内コンパスが磁気嵐に遭ってるのかも?
これからは「道間違いは想定内」として、チェックを怠らないことを肝に銘じる。
c0097754_20381560.jpg
・806からの急斜面は足を踏ん張りながらの下り。最後は緩やかに御池川合流点へ。
まだ3時だというのに、もう先客の2台の車の姿はなかった。


[PR]
トラックバックURL : http://biwaco06.exblog.jp/tb/26191488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by biwaco06 | 2016-11-13 22:36 | 鈴鹿 | Trackback | Comments(0)

近畿中心の山を歩いた気まぐれなmt.memoryです


by biwaco06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31